史上初!全国4地域総会 同時開催を振り返って



【全国4地域総会とは】
日本薬学生連盟は、関東・東海・関西・九州の4地域に地域支部を構えています。11月28,29日に4地域の活動の集大成となる地域総会を行いました。それぞれの地域が特色を生かして活動発表やワークショップなどを行い、4月からの活動の振り返りとこれからに向けての新たな扉を開きました。

【各地域の結束力がより強固に】
日本薬学生連盟では、支部本部・5つの委員会・5つの部門に分かれて活動をするのが基本です。しかしこの地域総会ではその枠を超え、各地域の会員が一つとなり準備を行いました。初めての地域総会です。どうしたらいいのかわからないことや、思っていることを伝えられないことがあり、会員一人一人が壁にぶちあたることもありました。しかしどの地域もあきらめずに、より良い地域総会を目指して努力を続けていました。この経験は間違いなく、各地域の結束力をより強固にしてくれました。

【総移動距離2000kmを超える会長横断】
日本薬学生連盟会長飯塚千亜希が、2日間をかけて全4地域総会を回りました。そこで出会ったものは、200人の喜びとこれからの希望に満ちた笑顔でした。こんなにも素晴らしい会員がいる団体の会長をやらせていただいていることに、改めて感謝と喜びの気持ちでいっぱいになりました。そして、4地域総会開催にあたりご尽力いただいた多くの社会人の皆様にも改めまして感謝申し上げます。

【各地域は未来へ向かって】
この地域総会は一つのゴールであり、新たなスタートです。地域総会で一人一人が得たものは、必ずこれからそれぞれの形で花を咲かせるでしょう。また、地域総会の最後には、来年度の支部長を決定する選挙も行いました。先輩方から受け継いだ思い、そして私たちの思いが未来へ向かって継承されていきます。これからも各地域の活躍から目が離せません。

【そして、日本薬学生連盟は未来へ向かって】
12月初めには執行部選挙も行われ、来年度の本部がそろいます。そして、年度末には、日本全国から薬学生が一同に会する、日本薬学生連盟年会「薬学生の集い」が行われます。地域総会が終わり、次の一つのゴールはこの日本薬学生連盟の1年間の集大成の場です。各地域、そして日本薬学生連盟の全員で、次のゴールへと向かって再び走り出しましょう!

一般社団法人 日本薬学生連盟 会長
飯塚千亜希