切り開け!未来の医療!~sharing ideas of present and future in medical care~


開催日時
2016年2月24日13時00分〜17時35分

開催場所
星薬科大学 (最寄り駅)
東急池上線「戸越銀座」駅 徒歩8分
東急目黒線「武蔵小山」駅 徒歩 10分
地下鉄都営浅草線「戸越」駅 徒歩12分

参加人数
25人(スタッフ10人、留学生4人)

開催目的
留学生と各国の医療の現状を学ぶことによって、医療面における国際的な視野を広げる。また、自国の医療の問題についても理解を深め、将来の医療従事者としての意識の向上を図る。

企画内容
留学生4人のプレゼンと、日本についてスタッフからのプレゼンがあり、各プレゼンについてグループディスカッションを行いました。

当日スケジュール
13:00 開始、挨拶
13:05 自己紹介、アイスブレイク
14:15 留学生プレゼン(1カ国15分)
15:25 グループディスカッション
16:10 スタッフプレゼンテーション
16:25 グループディスカッション
17:15 グループ内でのまとめ
17:30 写真撮影

感想
今回、留学生に各国の医療について教えてもらいまた、日本の医療について学んでもらうために交換留学委員会と薬学教育委員会での合同企画を行いました。

具体的な内容としては、自己紹介、○×クイズ、各国の医療についてのプレゼンテーション、ディスカッションなどです。

今回のイベントには参加者21人、留学生4人と沢山の人に参加していただきした。

英語でコミュニケーションをとらないといけないこともあり、最初は緊張している方、不安がっていた方が多くいましたが、カタルタによる自己紹介のおかげで緊張がほぐれ、会話が進んでいたように見られました

○×クイズでは、グループごとに相談しながらにぎやかに進み、留学生の方の国ではどうなのか聞くことができました。

留学生の方のプレゼンテーションでは、日本にはなじみのない制度が多数あり、ディスカッションでは、各自が疑問に思ったことを留学生に丁寧に教えてもらいながら日本ではどうなのか留学生に教えてあげるなど各グループで白熱した討論が行われていました。

日本でのプレゼンテーションでは、災害、在宅医療、未来の医療制度の3つに重点をおき留学生の方に日本の医療について知ってもらうことができました。留学生の方々の国では在宅医療がないようで特に在宅医療について興味を持ったように見られました。

留学生の方は英語で上手く言いたいことが伝えられなくても真剣に話を聞き、確認しながらきちんと内容を理解し、丁寧に答えてくれました。

このことから、例え言葉で上手く伝えることができなくても、あきらめるのではなくきちんと話そうとすれば相手もそれに答えてくれるのだと思いました。

海外の医療についてその国に住んでいる方に直接教えてもらえるのはめったにないチャンスです。

これから、より多くの方にこの企画の良いところを知ってもらい参加してもらいたいです。

交換留学委員会 合同企画担当 日本大学 1年 元智煕