2016年度新入生歓迎会
2015年度新入生歓迎会
2012年度新入生歓迎会
2013年度新入生歓迎会
2011年度新入生歓迎会


2012年新入生歓迎会

今回は関西・東海・東北・関東・北陸・九州の6地域で行いました!

2012年度九州新歓

あいさつ
みなさんこんにちは。地域連携委員長の橋本です。
さぁ、怒とうの全国横断新歓も終わりに近づいてきました!
今回は、2012年6月17日(日)に行われました、九州新歓(福岡)の報告です。

イベント内容
まずは運営局の井戸淳(あつ)裕(ひろ)(帝京平成大学2年)が団体説明をさせていただき、今回スタッフとして来た学術委員会、広報委員会、渉外委員会、地域連携委員会の4つの委員会がそれぞれの委員会の活動紹介をしました。学術委員会は、参加者にクイズを投げかけたり、広報委員会は当団体のホームページ (HP) にある仕掛けをしたりなど、さまざな工夫が見られました。私の活動を、より身近に、親しみやすく感じてもらえたのではと思います。また、今回出席しなかった委員会の紹介は、スライドを使って、口頭で説明させていただき、参加者のかたのテーブルを回って、質問など受け付けました。直接質問を受け付けることで、興味を持っていただいていることを知ったり、また、新しいアイディアにつながったりなどして、スタッフ側にも新たな発見がありました!

次に、ワークショップ『九州の医療系学生の活動でやりたいこと』を行いました。各自が出した「やりたいこと」を、勉強会や地域の人向けの薬剤師体験、交流などのカテゴリーにまとめ、それらに関するアイディアを出し合いました。真面目な意見もあれば、「交流」の話し合いの中では、「キャンプファイアーをしよう!」など、学生らしく、楽しい意見も出ました。

最後に・・・
最後に、会場を移して、交流会をしました。スタッフも一緒になってご飯を食べながら交流をしました(私は飛行機の時間が迫っており、最後まで居れなかったのですが・・・。)。
交流会は少人数でしたが、全員でワイワイできてとても楽しかったです♪
今回の参加者の皆様、あたたかく私たちを迎えてくださいまして、ありがとうございました!また、九州で随時行うイベントでも、よろしくお願いいたします。
今回、残念でありながらお越しいただけなかった方も、ぜひ、これからのイベントでお会いしましょう。
楽しみにしております!


2012年度北陸新歓

あいさつ
こんにちは!地域連携委員長の橋本です。
2012年6月3日に行いました、北陸新歓の内容をお伝えいたします。

イベント内容
まずは、当団体の団体紹介を外務の柴原由季さん(東京理科大学薬学部4年)がスライドを使って行いました。いつもは全体を見ながら、皆のサポートをするのが得意な柴原さんですが、この時はとてもアグレッシブに団体の説明をしておりました。自分が日本薬学生連盟に出会ったきっかけや、入ってから感じてきたことなども話していただけました。

続けて、委員会の活動紹介へ。こちらも、スライドを使ってスタッフ3人のローテーションで行いました。アットホームな雰囲気で、質問も気軽にしていただけるような雰囲気の中、惜しみなく動紹介をさせていただきました!参加者の方にも、深く当団体を知っていただけたのではと思います。

次は、当団体の先輩である後町陽子さんに、学生時代の活動や、それが社会人になってどう影響しているかについて講演をしていただきました。『薬学生のつどい』のメンバー時代に、IPSFの役職を務めたお話や、今まで働いてきた経験、感じたことなどをたくさん聞くことができました。

最後に
後町さんの講演をふまえて、「今やっていること(バイト、サークル、なんでもあり)を将来にどう生かせるのか」をテーマに、ワークショップを行いました。こちらには後町さんや、社会人の方もご参加いただき、学生時代やっていること、やってきたことを挙げていただきました。似たものをグループに分け、それらをどう活かしていけるだろうかを、模造紙とペンを使って自由に書いていきました。私自身も、改めて考えてみて、今自分がやっていることを将来に活かせるかどうかは自分次第!と感じ、将来を見つめ直す良い経験になりました。参加者の皆さんにも、積極的に参加していただき、濃いワークショップになりました。

交流会
ここでいったん閉会し、場所を移して交流会を行いました。交流会から参加した方もおられ、また違った雰囲気での交流を図ることができました。

今回、日本薬学生連盟として初めての北陸地方でのイベントということもあり、至らぬ点もありましたが、お越しくださった参加者の皆さん、ありがとうございました。今回は残念ながらお越しいただけなかった皆さん!これからもイベントを開いていきますので、どんどんご参加くださいね!お会いできることを楽しみにしております!

地域連携委員会 委員長 橋本由(ユ)李(リ)


2012年度関東新歓

あいさつ
みなさんこんにちは!地域連携委員長の橋本です
今回は、2012年5月27日に開催いたしました、関東新歓の内容をお伝えしたいと思います。

初めに
場所は、何かとお世話になっている国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都)。
そして人数はなんと約150名!
ぽかぽかあたたかく、絶好の新歓日和でした(全プログラム室内でしたが)。

イベント内容
プログラムは、以下の通りです。
(1)団体説明
(2)各委員会の活動紹介
(3)ワークショップ
(4)交流会

始めの団体説明は、執行役員会計の小林大翼(だいすけ)(慶應義塾大学 薬学部5年)がさせていただきました。今年の1月に当団体のイベントに初めて参加し、4月に会計に就任してわずか2カ月ですが、堂々とした団体紹介でした。後程、参加者の方に感想を聞いたところ、「分かりやすかった」という声が聞けました。
各委員会の活動紹介では、9つの委員会が前半と後半に分かれ、スライドを用いて活動の紹介を行いました。参加者の方々は、真剣な顔つきで活動紹介を聞いておられ、またこの時、会員の登録をしていただく方も多く、当団体を存分にアピールできた結果かと思います。

ワークショップ
ワークショップは、私橋本がファシリテーターを務めさせていただき、「薬学生の活動とは何か?」というテーマで行いました。
まずは、自己紹介を含めて今までの半生を、それぞれグラフにして、班内で発表しました。次に、自分たちが学生としてそれぞれ行っていること‐例えばバイト、サークル、ボランティア、力を入れている勉強、当団体が行っているような活動は、どうしてしているのかをKJ法を使って似た意見をまとめました。
その後、出た意見を参考にしながら、辞書に載っているように「薬学生活動(完全な造語です)」の定義づけを各グループで行いました!「定義づけ」と言っても堅苦しいものではなく、分かりやすい言葉で、学生らしい意見を出していただきたいと思い、新明解国語辞典さんの「動物園」「恋愛」を例に挙げさせていただきました。その甲いあってか、全体発表では自由で多様な定義づけを聞くことができました。これからも薬学生として動いていくなかで、ふと、今回のワークショップを思い出していただけると幸いです。

交流会
そして、いったん閉会をして、交流会へ。夜ご飯を食べながら、各自で自由に交流を行いました。昼間はカチッとした雰囲気でしたが、夜はうちとけた雰囲気で、皆さん楽しんでおられたように感じます。
今回ご参加いただいたみなさん、お忙しい中誠にありがとうございました。もちろん来年度も、楽しい新歓を行いますので、新歓にお越しいただいている方も、初めての方もぜひお越しください!1年生だけでなく、2~6年生、他学部の方ももちろん歓迎です!

地域連携委員会 委員長 橋本ユリ


2012年度東北新歓

あいさつ
こんにちは!地域連携委員長の橋本です。今年度の春仙台で行いました、東北新歓の様子をお伝えします。

はじめに
2012年5月20日、場所は東北薬科大学で行いました!着いた瞬間にきれいな校舎でびっくりしました!明るく、緑もたくさんあり、守衛さんもやさしく、素晴らしい校舎で、うらやましかったです。

イベントの内容
まずは、代表の齋藤良行(武蔵野大学薬学部5年)より、あいさつと団体説明をさせていただきました。参加者の皆さんは、真剣なまなざしで聞いてくれていました!
続いて、委員会の活動紹介を、スタッフの全員で、順番に行っていきました。国際交流委員会は、全体的に明るいスライドとコアメンバーの写真などを使っていたり、地域連携委員会は笑いを誘ってみたり(担当したのは私ですが)、各委員会の持ち味が出た活動紹介でした。
 次に、『東北で行っていきたい薬学生としての活動は何か』というテーマで、ワークショップを行いました。まず、自分が今興味あることについて挙げてもらった意見を壁に貼り、似たような意見をまとめ、大きなテーマにしました。5つに絞ったテーマを、前半3つ、後半2つに分けて、各テーマにつての話し合いを行いました。大きなテーマとしては「災害」「情報共有」などがあげられました。話し合いは和やかな雰囲気の中行われました。
 最後に、場所を移して交流会へ。当初予定していたよりも多くの方にご参加いただき、いろんな話をしながら、楽しく交流しました。

さいごに
 地域連携委員会としても初めての東北でのイベントでしたが、とても楽しい一日でした。イベントを続けて考えておりますので、ご期待ください!
 また今回お越しいただけなかった方々、ぜひ次回以降のイベントにご参加くださいね!

地域連携委員長 橋本由李


2012年度東海新歓

あいさつ
皆さんこんにちは!地域連携委員長の橋本です。
今年の新歓第2弾は東海・名古屋!!今回はその内容をお伝えします。
2012年5月13日、薬学ゼミナール名古屋教室様で行わせていただきました。

イベント内容
まずは代表の齋藤良行(武蔵野大学薬学部5年)より団体紹介をいたしました。当団体の理念や世界との薬学生のつながりなど、アピールポイントを余すことなく伝えてくれました。
次に、ワークショップを行いました。初めに、「薬学部に入った理由」をグループ内でひとりずつ発表し一周した後に、「将来のあなたが某テレビ番組に取材されました。それはどんなあなたですか?」と問いかけ、自分の理想の将来像を各々発表し合いました。自分たちの過去と未来を再確認したところで、今何ができるのかについて、グループ内で話し合いました。各グループ内で、模造紙、付箋、ペンを用いて意見を出し合いまとめた後に、全体での発表を行いました。
その後に、各委員会にブースを設け、各委員会の活動紹介を行いました。一つの委員会の説明を聞いている方もいれば、いくつかの委員会のブースを回っている方もおられ、興味のある委員会の活動について、いろいろと知っていただけたのではと思います。

交流会
いったん閉会し、場所を移して交流会を開催しました。今回は、同日にイベントをされていた、しゃちほこ薬科大学様と合同で交流会を開かせていただきました。参加者の方々は、薬剤師の先生方とご飯を食べながら楽しそうに交流されておりました。
 最後になりましたが、今回のイベントを開催するに当たりまして、休日にもかかわらず場所をお貸しくださった薬学ゼミナール名古屋教室様、また交流会におきましてご協力いただきましたしゃちほこ薬科大学様、ありがとうございました。

※しゃちほこ薬科大学様は、モチベーションが高い薬剤師と薬学生の団体です。薬学生のイベントへの参加も歓迎されています!気軽にご参加してみてください!

地域連携委員長橋本由(ユ)李(リ)


2012年度関西新歓

あいさつ
こんにちは!地域連携委員長の橋本です。
2012年4月29日、薬学ゼミナール神戸教室様にて、日本薬学生連盟の関西新歓を行いました。

はじめに
関西の薬学生を始め、広島大学、徳島文理大学など、中・四国の薬学生も来てくださいました!校数にして約15校、人数は約80名で、会場がパンパンになるほど!すごい迫力でした。

イベント内容
今回は「日本薬学生連盟の活動について知ってもらい、今後の活動に参加してもらう第一歩にしよう」という目的のもと、
(1)団体説明
(2)ワークショップ
(3)各委員会の活動紹介
(4)交流会
を行いました。

団体説明は、代表の齋藤良行(武蔵野大学薬学部5年)がスライドを使ってさせていただきました。日本薬学生連盟の成り立ち、世界規模の薬学生団体とのつながりなどはもちろん、自分がなぜ日本薬学生連盟に入ったのか、なぜ今活動を続けているのかなど、我らが代表の人間味あふれる部分も聞くことができ、一スタッフとしても興味深い内容でした。
次に、ワークショップを行いました。今回のテーマは、「医療の質、継続、平等性」について。一つの物語の中で起こるジレンマを、一グループ6人で話し合いました。早い段階から、キッパリ答えを出したグループもあれば、悶々(もんもん)としていたグループもあり、最終的な全体発表では多様な意見が出ました。
各委員会の活動紹介は、場所を違う教室に移して、各委員会にブースを設け、3つの委員会ごとに力強いアピールをしました(3委員会×3クール=9委員会)。

交流会
 交流会は、団体説明とワークショップを行った教室に戻り、食事を楽しみながら、各自交流を図りました。途中で、グループ対抗のゲームを行い、大いに盛り上がりました。

最後に
 日本薬学生連盟の一発目の新歓、いかがだったでしょうか?
関西新歓の人数は続々増えていますので、今年参加できはしなかった方も、来年はぜひお越しくださいね!薬学生はもちろん、他学部生の参加も大歓迎です!

地域連携委員会 委員長 橋本ユリ