2016年度新入生歓迎会
2015年度新入生歓迎会
2013年度新入生歓迎会
2012年度新入生歓迎会
2011年度新入生歓迎会


2013年度新入生歓迎会

今回は九州・東海・関東・関西の4地域で行い、九州・東海は支部本部が設立されました!

2013年全国新入生歓迎会
-関西新歓-

開催日時
2012年5月19日
9:00~17:00

場所
薬学生ゼミナール 大阪教室

出版
MIL

支部発足一番目!関西支部の第2回新入生歓迎会!
去年神戸での第一回の関西新入生歓迎から早一年。第二回目は大阪で開催しました。
他の支部よりも一年ほど早く設立したこともあり、先輩方の層も厚い関西。ということで、去年とは一風スタイルを変え、前半に「日本薬学生連盟で広がる可能性」というタイトルで、講演をしていただき、続いて、WSと委員会紹介と盛りだくさんの新歓を行いました。

日本薬学生連盟で広がる可能性
本団体に私が入るきっかけともなり、現在薬剤師として働いている、2011年度IRC委員長の浅川裕香子さん、そして、一年間共に関西支部の運営に携わり、MRに内定した小谷洋平さんにご講演していただきました。皆さんに、この日本薬学生連盟を通して得られるものそして、それを将来どのように生かせるのかを知って頂く良い機会になったと思います。また質疑応答では、多くの質問が新入生から飛び交い、時間が足りないほどでした。
続いて、委員会の活動紹介やアフロ様によるWSなど、関西らしく和気あいあいと笑いが絶えない楽しいひとときを過ごすことができました。

支部長交代挨拶
【2012年度関西支部長】
 これを機に、私たち2012年度の関西役員は引退をし、次世代に引き継ぎます。この一年間駆け出しで、ご迷惑をおかけすることもしましたが、本団体の執行役員をはじめとし、関西の先輩や後輩、同期とさまざまなひとに支えられてこの日を迎えることができました。この一年を通じてたくさんの人に出会え大変嬉しく思います。そして、これからも関西支部を宜しく御願い致します。
2012年度関西支部長 植山陽子(武庫川女子大学4年)
【2013年度関西支部長】
 私は次期関西代表を引き継がせていただいた際一番に思ったことは、「前役員の方々が築いてくださった繋がりを絶やしたくない」ということでした。一般社団法人日本薬学生連盟と関わり活動していく中で、人と人との繋がりの大切さを感じない時はありません。今年一年間、関西支部は仲間である関西加盟校の方々と一緒に、関西を盛り上げていきたいと思います。
2013年度関西支部長 三田愛(大阪薬科大学3年)

執筆 2012年度関西支部長 植山 陽子(武庫川女子大学4年)
   2013年度関西支部長 三田 愛(大阪薬科大学3年)


2013年全国新入生歓迎会
– 関東新歓 –

開催日時
2013年5月14日

場所
国立オリンピック記念青少年総合センター

掲載
MIL

初回関東新歓 100名越え
 日本薬学生連盟関東新歓が国立オリンピック記念青少年総合センターの大教室で行われました。関東圏中心に全国から150人近くの薬学生が大集結!
 まずは開会式での我が団体会長 小林大翼により挨拶。自分の体験をもとにこの団体の魅力を語りました。参加者の方々も興味をもって聞いていただけたと思います。

関東ならではのクイズ大会!
 この後、班ごと分かれ、自己紹介をして仲良くなってもらいました。
次のクイズは関東圏の加盟団体紹介を兼ねたものになっていました。お互いの加盟団体を知るよいきっかけになったのではないかと思います。
 WSでは新入生歓迎会らしく、「学生のうちにできること」をテーマに話しあってもらい、各班の発表では初々しい1年生達が150人を目の前に一生懸命発表している姿がとても頼もしかったです。
その後の委員会紹介では、参加者には興味のあるブースをまわってもらいました。また多くの方が会員になってくれたのも、各委員会の熱心な活動報告のおかげだと思います。
最後に閉会式と記念撮影!

2013年関東支部長挨拶
お忙しい中、関東新歓にご参加いただきありがとうございました。
たくさんの方々に支えられて関東新歓を行うことができました。
次回もよりよい会にしていきますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
執筆 2013年関東支部長 弓削春菜(武蔵野大学5年)


2013年全国新入生歓迎会
-東海新歓-

開催日時
2013年5月4日

場所
薬学生ゼミナール

出版
MIL

きっかけ
私自身、日本薬学生連盟第14回年会(2013年3月10・11日)で初めて日本薬学生連盟の存在を知りました。そのとき、この活動を是非、東海にも持ち帰りたい!そんな気持ちにかられました。そして、そのわずか2ヶ月後に、東海で活動したいという願いを実現できたことに喜びを感じております。

東海にも進出!!
今回、初めて東海での新歓を開催致しました。東海ではまだ会員も少なく、活動もあまり行われていませんでしたが、そんな中、東海新歓のワークショップ(WS)を通して、東海圏の薬学生にその魅力を知って頂き、今後東海での活動をしていく新たな仲間を得ることができました。
東海新歓を通して、東海にも加盟団体が1つ発足し、各委員会所属の学生会員も得ることができました。また、新歓開催に携われたことで、私自身がたくさんの気づきと学びがありました。そして参加者からも、「とても刺激になった。」「自分たちも今後は東海で活動をしていきたい。」と言ってくださり、開催を実現して良かったと思いました。そのような声に応えて、今後東海でも薬学生が「したいことを実現する場」としてのプラットフォームを提供していけたらと思います。東海も日本薬学生連盟の一大拠点として活動していきたいと思っています。
このように新歓を大成功に終えることができましたのも、東海での開催を快く引き受けてくださった日本薬学生連盟の皆さんや、同じ東海圏の薬学生の仲間の存在があってこそです。ご尽力くださった皆様には心から感謝いたします。

今後とも宜しく御願い致します。
執筆 2013年度東海支部役員 長谷川裕也(名城大学5年)


2013年全国新入生歓迎会
-九州新歓-

開催日時
2013年4月28日

場所
九州大学

出版
MIL

九州でも新歓したい
今回の新入生歓迎会は日本薬学生連盟として九州では初めてのイベントでした。
本団体との出会いは、3年程昔に遡り、初めて彼らと会って刺激を受けたのは、奇しくも、今回新歓が行われた福岡でした。活動の中、自分の人生を左右する運命の人との出会いから、ここ九州でも活動が出来るような“プラットフォーム”を作り、卒業した後も繋がれるネットワークを作り上げて、少しでも誰かの役に立ちたい等の思いから、少しずつ時間をかけて今回の新歓に至りました。

相互理解の大切さーAMSAとのコラボイベントー
 現在、様々な職種での連携を行う意味でも今回の新歓のテーマは“相互理解”であり、今回のプログラムの中でもチーム医療について学び、貿易ゲームやShare the Storyと呼ばれる、自分の目標や将来の夢を共有する事、また自分たちの世界と他の世界との格差について考えて、自分が国際社会に対して何が出来るか、まずは考えてみる事を行いました。
AMSA側が企画を行ってくれたプログラムで始まり次に、日本薬学生側のWSでは、PBL(PROBLEM BASED LEARNIG)を行いました。
 今回は医歯薬に加えて、ソーシャルワーカーも加えて症例討論会を行いました。
2つの症例について、6人組のグループを作成し、2つ目となるCOPDの症例に関しては、医療面接を行いながら、鑑別疾患を切っていき、診断をつけて、その患者さんの治療、看護、そしてADLの向上、及び、QOLについての考えを深める事を目標として行っていきました。またこのPBLには、企画の段階で多くの人間に携わって頂き、多大なる協力が得られたことに感謝の意を示したいと思います。
今回の団体同士での付き合いが今後も続き、秋の交流会も盛会であることを祈り文末とさせて頂きます。

執筆 2013年度九州支部長 士野 貴雅(長崎国際大学6年)