2017年度 関西支部イベント報告
2016年度 関西支部イベント報告
2015年度 関西支部イベント報告

Let’s Time Travel!~やくけんR×関西支部~

開催日時
2016年9月25日 13 時00 分〜 17 時00 分

開催場所
立命館大学びわこくさつキャンパス プリズムハウス108

参加人数
24人

開催目的
薬学の歴史を知ることで、今そしてこれからの医療や薬学について考えるきっかけの場を提供すること。
学年・大学の垣根を超えた交流をすること。

企画内容
❏アイスブレイク:ペアで自己紹介し合った相手を、グループの人に紹介する「他己紹介」を行いました。
❏薬学史の旅をしよう:薬害や感染症、スポーツファーマシストといった薬学・医療に関する様々な問題について、すごろく形式で考えるワークショップを行いました。
❏未来の自分のためにした方がいいこと:未来の自分のためのスキルアップの方法とそれを使って現役薬剤師さんの話を聞こう

当日スケジュール
11:00~ 最終打ち合わせ
13:00~ OP、アイスブレイク
13:30~ 関西支部の活動報告
13:45~ 合同企画「薬学史の旅をしよう」
【休憩 15分】
15:15~ やくけんR の活動報告
15:45~ やくけんR中川原企画「未来の自分のためにした方がいいこと」
16:50~ CL

感想
薬学における歴史について様々なことを学ぶワークショップがあり、私にとって知らない歴史が沢山ありました。歴史上において大問題となったことが現代において、もしも起きてしまったらとなると実際問題どうすればよいか考えていかないといけないと気付かされました。他にも、当時の医療において、なぜこの方法を取らないのか疑問に思っていた内容もここで解決することが出来ました。後半のワークショップでは、積極的に発信力を高める方法としての概略がわかり、コミュニケーションのスキルアップの活用に役立てていきたいです。
関西支部本部 近畿大学 1年 冨本尚史

立命館大学やくけんRさんと関西支部本部の合同企画を通して、薬学の歴史からいかにして現代に生かすかを深く考えました。この合同企画のすごろくで自分の班がたどり着かなかったテーマ「抗菌薬に耐性を持つ菌が次々と出現しているという現状についてどのような対処をとるべきか」について、私個人は服薬指導に力を入れるべきではないかと考えました。
また、今回はやくけんRさんが普段どんな活動をしているのかも知ることができました。流行りのダイエット法を試したり、さまざまな食品に含まれるカフェインを調査したりなど、実生活に役立つような面白い研究を行っていました。私の所属する薬学系サークルでもワークショップのテーマとして取り入れたい内容ばかりでした。
来年度も合同企画を実施するのであればぜひ参加したいです。
関西支部本部 神戸学院大学 1年 横山夏季

今回のイベントでは、薬学の歴史についてすごろくといった私たちの馴染み深いゲームを用いた形で学ぶことができました。マスごとにテーマがあり、グループマスに止まると薬に関する問題についてディスカッションを行いました。何が悪かったか、今後どう対処するかなどグループで考え共有するのがよかったです。自分の知らない問題についてはこの企画で学ぶことができ今後更に知識を深めていきたいと思いました。また、やくけんRの中川原さんによる企画ではスキルアップの仕方について欲求を用いた方法で考えたり、お越し下さった薬剤師さんへの質問など興味深く、充実したものでした。今回のイベントで得られたことを活かし、今後の学生生活に役立てていきたいです。またこのようなイベントがあれば参加しようと思います。
薬学研究会やくけんR 立命館大学 3年 南竜太


関西交流会2016~未来への旅路~

開催日時
2016年6月19 日  13時00分17時00分

開催場所
高槻現代劇場 第一和室

参加人数
15名

開催目的
日本薬学生連盟で普段行っている活動をワークショップなどを通して、体験をしてもらうことで興味・関心を持ってもらうだけでなく、様々な視点を得ること。また、大学や学年の壁を超えた繋がりを作ること。

企画内容
【公衆衛生委員会企画「PPAC体験」】薬剤師の職能認知向上を行う活動・PPACを、小学生に対して行うことをイメージして体験をしてもらいました。

【薬学教育委員会企画「薬局報告会~在宅医療について考える~」】在宅医療に最前線で取り組む薬局への見学の報告を通して在宅医療について考えました。

【広報統括プレゼンツ「Student Life Innovation」】参加者がそれぞれ自分自身と向き合いながら、私的成功のための学生生活の過ごし方、また公的成功のための他者との関わり方を「7つの習慣」、漫画「ワンピース」に基づいて考えました。

当日スケジュール
13:20- 受付
13:45-14:00  オープニング / アイスブレイク(担当:矢野)
14:00-14:40  公衆衛生委員会企画「PPAC体験」(担当:長崎)
―休憩―
14:50-15:50 薬学教育委員会企画「薬局報告会~在宅医療について考える~」(担当:西野)
―休憩―
16:00-17:00 広報統括プレゼンツ「 Student Life Innovation」(担当:小池)
17:00- クロージング、写真撮影
18:00‐ 懇親会

感想

今回のイベントでは参加者が少人数だったため全員と話すことができたり、参加者の方と密に話をすることができたのでよかったです。
また今回は、これまで行っていたスライドの表示方法をプロジェクターではなくSkypeでつなげてパソコンの画面上に表示したり、アイスブレイクでは名札カードを使ったアイスブレイクをしたりなど、これまでとは少し違ったやり方で取り組み、新鮮に感じました。
個人的には、関西新歓で公衆衛生委員会に入ってくれた会員が今回のイベントに来てくれたことが嬉しかったです。これから一緒に活動していくのが楽しみになりました。
全体を通して内容の濃いWSが多く、時間いっぱいいっぱいでしたが、はじめてイベントに参加した方もいたので、日本薬学生連盟の活動について知ってもらえるいい機会になってよかったと思います。
(関西支部本部 会計担当 武庫川女子大学 3年 板谷梨奈)

イベント全体を通して、参加者のみなさんが和気藹々としていたのが印象的で、今後のイベントでも今回のように楽しい雰囲気でできれば良いなと思いました。
各委員会のワークショップでは、体験型・報告型・思考系と多種多様な組み合わせで行いました。参加者のみなさんが楽しそうにしているように感じ、中でも初めて顔合わせをした方と行ったワークショップは新鮮で面白かったです。今回できたご縁を大切にしたいです。
また公衆衛生委員会のスタッフとしては、多くの人にPPACを体験してもらえて、一人でも多くの方に活動を知ってもらえたことがうれしかったです。関西の公衆衛生委員会では8月にPPACを予定しているので、参加者が増えれば良いなと思いました。
(公衆衛生委員会 関西支部リーダー 姫路獨協大学 3年 長崎真珠)

今回は日本薬学生連盟の活動をより深く知ってもらう機会としてイベントを行いました。どの委員会もそれぞれの企画を通して楽しんでもらうと共に魅力を感じてもらえるような内容で、これから活動をしたいと考えていた参加者の多くが興味津々にワークショップや体験企画などをしているのが印象的でした。
また今回は少人数であったことから、一人ひとりとお話しする時間をじっくりと取ることができました。イベントのタイトル通り、まさに参加者同士の「交流」を深めることのできた時間になったと感じています。今回のイベントを通してできたつながりを大切に、今後も会員の皆さま一人ひとりと向きあう時間を大切にしながら、日々活動を行っていきたいと思います。
(関西支部本部 関西支部長 武庫川女子大学 2年 西野萌子)


関西新歓2016~薬連発・未来行き、発車します~

開催日時
2016年5 月22 日  12 時  30 分〜 18時00分

開催場所
薬学ゼミナール梅田教室

参加人数
101名

開催目的
大学や学年の垣根を超えて、学生同士の交流を深め、つながりをつくること。また、イベントを通して、日本薬学生連盟の魅力を感じてもらうこと

企画内容
【アイスブレイク】
動画を使った間違い探しを行いました。

【ワークショップ「薬学×〇〇」】
一見薬学とは関係のなさそうなことを薬学・医療の視点から見つめ、薬学の可能性の広さを感じてもらうことを目的として行いました。

【ワークショップ「企画を立ててみよう」】
チームで一つの企画を立ててみることで、企画を立てることの面白さを感じてもらうことを目的として行いました。

当日スケジュール
―まえがき:薬連駅へようこそ―
13:15-13:40 OP・アイスブレイク
13:40-13:45 会長挨拶
13:45-14:05 団体紹介
13:05-15:20 第一章「ワークショップ① 未来行き切符販売所~薬学×〇〇~」
15:20-15:35 休憩
15:35-16:25 第二章「ワークショップ② 薬連駅改札~企画をたててみよう~」
16:25-16:40 休憩
16:40-17:40 第三章「ホームに未来行き列車が参ります~部門・委員会紹介~」
―あとがき:薬連発・未来行き、発車します―
17:40- 写真撮影・会員登録・片づけ
18:20-懇親会

感想
522日に行われた関西新歓では100名近くの方ご参加いただき、本当にありがとうございました。僕も昨年の新歓で会員登録をした者なので、あの日から1年が経ったのか、と思い返しました。今回は企画側として参加したので、ワクワクしたり、失敗するのが怖かったり、色んな気持ちが入り交じりました。
そんな今年の新歓、参加者の方は何かを得ることはできましたか?僕はワークショップ「薬学×○○」が一番楽しかったです。自分の将来をしっかりと考えている人やユニークな考えをもつ人など、たくさんの未来の行き先を見ることが出来ました。また、滅多に会うことが出来ない他支部からの参加者ともお話が出来て、とてもいい刺激になりました。
皆さんたくさんの知識や夢、能力があり、僕もさらに頑張ろうと思うことが出来ました。新歓ではあまり皆さんとお話しすることは出来ませんでしたが、また今後のイベントでお話ができたらと思います。またお会いできるのを楽しみにしています!
(関西支部本部 広報担当 神戸学院大学 3年 矢野光海)


今年度の関西新歓では、新入生をはじめとした薬学生や医学生・看護学生にもお集まりいただきまして総勢
101名もの方にご参加いただき、これまで関西支部で行ったイベントとしては史上最多の参加者数となりました。
今回はサブタイトルからも分かるように、参加者の方それぞれが未来に向かって進むきっかけの場になればと思い、薬学の可能性の広さを知ってもらうワークショップ「薬学×〇〇」や、私たち日本薬学生連盟の活動の基盤ともいえる企画作り「企画を立ててみよう」といった未来につながるような内容にしました。参加者の皆さんは大学や学年、学部の垣根を超えた交流も行うことができ、終始笑顔の絶えることのない新歓となりました。
一方で、機器の接続トラブルやスケジュールの変更、備品の不備などにより、参加者の皆さまには大変ご迷惑をおかけしました。今後このようなことが無いようしっかりと務めてまいります。
今回の関西新歓を機に、日本薬学生連盟そして関西支部の魅力を一人でも多くの方に感じていただければ嬉しく思います。5月末、6月にもイベントが控えおり、今後関西支部の活動は加速してまいります。気になるイベントがありましたら、是非ご参加いただければと思います。最後になりましたが、ご参加いただきました皆さま本当にありがとうございました。
(関西支部本部 関西支部長 武庫川女子大学 2年 西野萌子)