公衆衛生委員会紹介
2016年度 公衆衛生委員会イベント報告
2015年度 公衆衛生委員会イベント報告
2014年度 公衆衛生委員会イベント報告
2013年度 公衆衛生委員会イベント報告
2012年度 公衆衛生委員会イベント報告
2011年度 公衆衛生委員会イベント報告

phctopbanner2

世界禁煙デー企画『君ならできる!禁煙支援!!』

開催日時
2016年5月29日 14時00分〜17時00分

開催場所
渋谷DHCコミュニケーションスペース

参加人数
18人

開催目的
タバコについての正しい知識を身につけるための勉強会とタバコを吸わないように促すためにはどうすればよいかのワークショップを行う。また、タバコの毒性について学ぶために、実際にタバコの中に入っているタールを水に抽出し量を目で見て理解する。
知識を身につけたうえで、将来自分が薬剤師になった時に禁煙したい人への禁煙指導の意義を理解し、そのきっかけとする。

企画内容
ワークショップ「薬学生の立場でどうすれば吸わないように啓発できるか」
・タバコを吸っている人に禁煙を促す方法を考える。
・吸っていない人、子供がタバコに手を出さないためにはどうすればよいか考える。

当日スケジュール
13:30~14:00 受付開始
14:00~14:10 委員会紹介
14:10~14:25 アイスブレーキング
14:25~15:15 プレゼンテーション
15:15~15:30 ~休憩~
15:30~16:40 ワークショップ
16:40~17:00 タール抽出、集合写真、アンケート記入

担当スタッフ
公衆衛生委員長 帝京平成大学4年 森 滉介
        横浜薬科大学5年 青山 裕子

感想
公衆衛生委員会として今年度初めてのイベントで、個人的にもイベントを企画するのが初めてのことでしたが、無事に終えることができました。今回のイベントは公衆衛生委員会単独のイベントでは初の海外の薬学生が1人参加してくれたイベントでした。上手に伝えることができるか、他の参加者と交流を深めることができるか気がかりでしたが、参加者全員が楽しむことがで
きたイベントとなりました。

たばこの知識に関するプレゼンテーションでは、たばこの意外な歴史や花言葉、ニコチンの強い毒性、最近のたばこについて、禁煙方法、禁煙支援の仕方などについてお話しました。

ワークショップではプレゼンテーションで学んだことを踏まえて次の3つのテーマについて、禁煙指導薬剤師になったつもりで考えていただきました。

『喫煙者がたばこをやめるにはどうすればよいか』
『いまたばこを吸っていない人が今後も吸わない人生をおくるためには』
『未成年者や子供がたばこに手を出さないようにするためには』

みなさん、しっかりと禁煙したい患者さんへの対応や禁煙する動機づけについて考えていて、参加者みんなが自分の意見を発言できる良いワークショップになりました。例えば、「たばこを吸っていてどれくらいの時間とお金を消費しているか、禁煙出来たらその時間とお金でどんなことができるか」「禁煙を推進するためにはどのような制度を作ればいいか」など時間を忘れてしまうくらい議論が進んでいました。

またたばこを使ってタールの抽出も行いました。実際には他の添加物の抽出していますが、お茶パックにたばこの葉っぱを入れて水に抽出しました。これを楽しみに参加してくれた方も多く、たばこの葉っぱを水の中に入れた時にどのように色が変化するかを実際に見ていただきました。実際にたばこを見てもらい、「どのように葉っぱが詰まっているのか」「フィルターはどんなふうに入っているのか」「においはどんな感じか」など視覚と嗅覚を使って体験してもらいました。じっくりとたばこを見たことのない参加者もいて、実際にたばこを見てもらい抽出した後の水を自分の肺に析出していると考えると喫煙はしたくないと思いました。

全体的に成功といえるイベントでした。「タバコの正しい知識が学べて有意義な時間になった」「実際に現物を見るのは良い体験だと思った」などプラスの意見がたくさんあり、皆さん楽しんでいただけたと思います。

今後も参加してよかった!と思っていただけるようなイベントづくりをしていきたいと思います。

公衆衛生委員会 公衆衛生委員長 帝京平成大学4年 森滉介


世界禁煙デー企画『煙の誘惑から救出せよ』

開催日時
2016年 5月29 日     13時 00分〜17時00分

開催場所
賢者屋

参加人数
13人

開催目的
たばこについて学び、日本の喫煙・禁煙事情を知り、禁煙を促す方法を探る。
薬学生である今から、将来薬剤師になった際に禁煙希望者へ適切に情報提供を行えるよう、地域の方々に対して禁煙啓発を行えるよう、たばこについて学び、よりよい禁煙啓発活動について考える。
また、タバコの毒性について学ぶために、実際にタバコの中に入っているタールを水に抽出し量を目で見て理解する。

企画内容
勉強会
1.体への害 5分
2.たばこの解体 30分
3.禁煙への海外を含めたとりくみ 10分
(Ex.海外のタバコへのイメージ・CM・保険適応・最新のタバコ・喫煙者の言い訳の真意)

ワークショップ(ポスター形式)
1.タバコを吸い始めたきっかけ
2.たばこを吸っている気持ち
3.禁煙中の気持ち
~10分間の講演を実際に禁煙をした人から10分行い、それについて参加者に3分間討論してもらう~
4.講演者からのまとめ
5.発表 3班×5分+5分(予備)=20分
記念撮影 5分
司会者からまとめ 3分

当日スケジュール
13:00~13:05 オープニング
13:05~13:20 団体紹介
13:20~13:35 アイスブレイク
13:35~13:45 タバコに関する勉強会
13:45~14:00 タバコの解体
14:00~14:10 休憩
14:10~14:30 喫煙者・禁煙者の体験談と質疑応答
1
4:30~14:50 ポスター作成
14:50~15:00 発表
15:00~15:15 タバコに代わる物を考えてもらう
15:20~15:25 写真撮影

担当スタッフ
立命館大学4年生 小池雄悟
神戸学院大学3年生 矢野光海
武庫川女子大学3年生 板谷梨奈
姫路獨協大学3年生 長崎真珠
武庫川女子大学2年生 西野萌子
大阪薬科大学2年生 岡森舞良

感想
私は、今回のイベントで講演者として出させてもらいました。
タバコを吸っていたことは内緒にしていたので、初めて「実は吸っていたんだ」というと、みんなから驚かれました。
準備の段階で、タバコを吸っていたときのことを話しましたが、みんな考えもしなかったことが多かったようで、かなり驚かれました。私は、やはり実際に喫煙を経験した人の気持ちや話は、経験した人ではないと分からないのだなと思いました。
そして当日を迎えました。私の作った禁煙体験のスライドがそれなりにウケて、少し嬉しかったです。

本当は広報統括と二人で話す予定でしたが、参加者の方にも講演者として飛び入り参加して頂き、とても面白い時間となりました。
その中で他の方のお話も聞けて「あ、そんなこともあったな」と、私が話した以外のことも話して頂き、とても興味深かったです。
私は全て話しきったつもりでいましたが、実は話せてなかったこともたくさんあり、3人集まってよかったなと思いました。聞いていた参加者の方々にも、多くの知識を持ち帰って頂けたのではないかと思います。

もう一つ、タバコを解体するWSを行いました。これは僕が当時吸っていたタバコを持ってきたので、タールがきれいに抽出された紙コップを見て「あぁ、僕はこんな茶色い物体を肺に取り込んでいたのか」と思うと、タバコのパッケージに書かれたオシャレでかわいいイラストとは、ほど遠いものだなと感じました。
抽出用の水をWSが終わっても放置していたのですが、時間が経つにつれてどんどん濃くなっていきました。

タール1mgと5mgの2種類のタバコを用意して実験を行ったのですが、かなりの時間が経過すると両方とも同じような色を呈していました。表示には5倍の差で含有量が記載されていましたが、実験を行ってみると両者ともさほど差が見られませんでした。
私はそれを見て、タバコはタールや添加物の含有量によるものではなく、タバコを吸うこと自体が私は、身体に害になるのだなと思いました。

今回のイベントで、タバコの有害性を改めて感じることが出来ました。禁煙が成功したいま、私は喫煙していた当時の自分を軽蔑しています。このような有害な物質を大量に含んだタバコをこれ以上ひろめないよう、自らの経験を交えながら禁煙指導を行っていけたらと思っています。

公衆衛生委員会 神戸学院大学3年 矢野光海


“Pharmacy Profession Awareness Campaign”
薬剤師職業認知向上&医薬品適正使用推進運動

開催日時
2016/8/18  10:00‐17:00

開催場所
みのおキューズモール

参加人数
大学生スタッフ:12人/参加した児童:13人

開催目的
セルフメディケーションの普及で一般用医薬品が身近なものになり、薬における国民を取り巻く環境が大きく変化して、一般用医薬品、健康食品、サプリメントは、小学生以下の児童も服用しており、自分自身で判断している子供も少なくない。
しかし、「薬剤師のお仕事を知っていますか?」という質問のアンケートをとったところ半数以上の子供たちが知らないという回答を行っている。
これらの問題があることから、子供たちに医薬品の適正使用についての知識をみにつけてもらい、日常でわからないことは、薬剤師を頼ってもらいたいと考え、今回PPACを企画した。

企画内容
①事前アンケート
参加してもらう子供たちにクイズ形式でアンケートを取り、薬剤師や薬に対する理解度を測る
②紙芝居、ボードシアター
未就学児にはボードシアターを、小学生には紙芝居を使って「薬剤師の職業」、「薬の適正使用」、「薬の正しい量」などを学んでもらう
③天秤ゲーム
②の内容に沿って子供たちに薬剤師になりきってゲームをしてもらい薬剤師の理解を深める。
④事後アンケート
事前アンケート同様に子供たちがPPACを通してどれほど薬剤師や薬に対する理解度を高めてくれたかを確認する

当日スケジュール
10:00~11:00 準備
11:00~16:00 PPAC開始
(様子をみて、順次休憩)
16:00~17:00 片づけ、記念撮影

担当スタッフ
森滉介(公衆衛生委員会委員長 帝京平成大学 4年)
岡本祥吾(本企画スタッフ 大阪大谷大学 3年)
西野萌子(関西支部長 武庫川女子大学 2年)
長崎真珠(公衆衛生委員会 姫路獨協大学 3年)

感想
私自身、初めて子供を相手にPPACを経験しました。
最初は子供が薬剤師や薬について理解してくれるかどうか、話を聞いてくれるか心配でしたが、みんな熱心に参加してくれたので、こちらもやりがいがありました。
親御さんともお話をさせていただきましたが、薬に関する悩みがあるようでした。悩みのある親御さんには今まで大学で習ってきたことを活かして相談にのったり、薬剤師の仕事について理解いただきました。
子供だけでなく親御さんにも薬や薬剤師について理解いただけた素敵なイベントになったと思います。

公衆衛生委員長 帝京平成大学4年 森滉介


今年度、関西で初めてのPPACでした。
学生スタッフの殆どはPPAC未経験の1年生で、イベントが開催される前は「うまく回せるかな?」なんて心配もしましたが、はじまってみるといみんな一生懸命学び、すぐに自分ができることを見つけて子どもたちに接してくれました。
参加してくれた子ども達も、そんな学生の熱意が伝わってくれたのかどうかは分かりませんが元気いっぱいイベントを通して薬剤師、薬について学んでくれている姿がよくみられて嬉しかったです。
また、親御さんも今回の活動に興味を持ってくださることが多く、薬剤師についてより詳しく、さらには弊団体について知ってもらえたのではないでしょうか。

私たちにとって地域の方や、子ども達、幅広いコミュニケーションをとれる機会は、薬剤師について自分の中で新しい発見や見方もできる貴重なものとなります。
今日のPPACが参加してくれた学生の中でもうまく将来に役立ってくれれば幸いです。

最後になりましたが、みのおキューズモール様をはじめ今回のPPACに関わってくださった全ての方にお礼申し上げます。

公衆衛生委員会 姫路獨協大学3年 長崎真珠


PPAC @春日井

開催日時
2016年9 月4 日    10 時30 分 14 時 00 分

開催場所
春日井市総合体育館

参加人数
学生 6人

開催目的
一般の方、特に子どもたちに、医薬品の適正使用を啓発し、薬剤師という仕事やその専門性を知ってもらうことを目指したため。

企画内容
春日井健康救急フェスティバルにてPPACを行い、子どもたちに薬の飲み方や薬剤師の役割を伝えました。

当日スケジュール
8:45 春日井駅集合
9:00~14:30 PPAC準備・活動
14:30~15:00 片付け・解散

担当スタッフ
沖村 里咲

感想
9月4日、春日井市総合体育館で行われた春日井市健康救急フェスティバルでPPACを行いました。子どもからお年寄りまで幅広い年齢の方が参加されているイベントでした。

 朝からたくさんの子どもたちが来てくれ、一日通して、計30名もの子どもたちに参加してもらえました。紙芝居や人形などを使って子どもたちに薬や薬剤師について勉強してもらったり、天秤ゲームをしたりするのに加え、今回は薬の飲み合わせの大切さを伝えるために重曹を用いた実験を子どもたちに見てもらいました。去年も健康救急フェスティバルでPPACを行ったのですが、「去年もやったよ!」との声をいただけたことも嬉しかったです。このようにして、子どもたちにPPACのことが記憶に残っていってくれたらいいなと思いました。

 以下、参加した学生の感想です。

「今回初めてPPACの活動に参加しました。参加してみて、薬剤師の役割や仕事について子どもたちに知ってもらうことの重要性に気付きました。小さな子どもたちに薬剤師という存在を知ってもらうことで、これからの薬剤師に対する人々の理解を深めることができ、さらには人々が医療や健康に興味を持つことにも繋がると感じました。
小さな子どもたちに薬の飲み方や大切さを伝えるのは容易ではなく、思ったようなリアクションが返ってこないときは困りました。でも、私たちが用意した紙芝居やゲームで子どもたちが楽しんでくれているのを見ると嬉しくなりました。このような活動にまた参加したいと思いました。」

「PPACに参加したのは2回目でしたが、子どもたちが楽しそうにしている姿はやはり可愛かったですし、こちらの話をしっかりと聞いてくれて嬉しかったです!
紙芝居や天秤ゲームを通して、少しでも薬の正しい知識や薬剤師の仕事について知ってもらえて、やって良かった!またやりたい!と思います。また、子どもに向けたPPACでしたが、一緒にいらした保護者の方にも薬について知ってもらえると感じました。子どもと一緒にうなずきながら聞いてもらえると、やって良かった!という気持ちが倍に感じられました。」

活動した学生にとっても、参加してくださった方々にとっても良いひとときとなったのではないでしょうか。今後も子どもたちに薬の正しい知識や薬剤師について知ってもらうことで未来に繋げていきたいと思います。また、PPACは薬剤師の認知向上を目指した活動であり、せっかく保護者の方々もいらしているので、今後大人に向けた活動もできたら良いのではないかと思います。

最後になりましたが、今回の活動に協力してくださった春日井市薬剤師会会長の塚本知男先生並びに関係者の皆さまに厚く御礼申し上げます。

公衆衛生委員会 名古屋市立大学 4年 沖村 里咲