公衆衛生委員会紹介
2015年度 公衆衛生委員会イベント報告
2014年度 公衆衛生委員会イベント報告
2013年度 公衆衛生委員会イベント報告
2012年度 公衆衛生委員会イベント報告
2011年度 公衆衛生委員会イベント報告

phctopbanner2

公衆衛生委員会×交換留学委員会
国際薬学生交流会&Vampire Campaign 2013年夏

開催日時
2013年8月10日(日)
<Vampire Campaign> 10:00~16:00
<国際薬学生交流会> 18:50〜20:10

場所
<Vampire Campaign> JR上野駅
<国際薬学生交流会> 第25回東京湾大華火祭

参加者
交換留学生

目的
<Vampire Campaign>
・若年層の献血離れが叫ばれる中、同年代かつ医療系学生である薬学生がVampire Campaignを行うことにより、多くの人に献血に興 味をもって貰えるようにする。
・薬学生に向けて、献血および献血推進運動に興味を持ってもらう。
・留学生に日本の公衆衛生活動を体験してもらう。
・海外の献血事情と日本の献血事情について知ってもらう。

<国際薬学生交流会>
・海外の薬学生と共に交流を深める。

感想
今回のVampire campaignは関東SEPとの合同企画として留学生5人と共にヴァンパイヤや浴衣、甚平の格好をして献血の呼びかけを行いました。午前中は日本人のみで、午後は留学生も交えて日本語で呼びかけを行いました。Vampire campaignは初めての人ばかりでしたが、みんな一生懸命考えながら声を出してくださいました。また留学生も難しいであろう日本語を練習しながら楽しそうに呼びかけに参加してくださいました! また呼びかけを行いながらも、日本の献血のシステムの説明を行うなど、大変留学生にとっても私たち日本人にとっても有意義な時間になったと思います。  夜は東京湾大華火祭に行き花火を楽しみました。夏に何回も花火を観ることができるのは日本の特徴なので、とても喜んでくださいました。今回は猛暑の中、体調を崩す人も出ずに無事に終えられたことは素晴らしいことだと思います。また若者が私服とは違う格好で呼びかけていることもあり、興味を示してくださる方も沢山いらっしゃいました。呼びかけを続けることで少しでも多くの方が献血に関心を持ち、協力してくださる方が増えたら嬉しいと思います!

公衆衛生委員会  日本大学3年 細川希織