公衆衛生委員会紹介
2017年度 公衆衛生委員会イベント報告
2016年度 公衆衛生委員会イベント報告
2015年度 公衆衛生委員会イベント報告
2014年度 公衆衛生委員会イベント報告
2013年度 公衆衛生委員会イベント報告
2012年度 公衆衛生委員会イベント報告
2011年度 公衆衛生委員会イベント報告

phctopbanner2

できる薬学生のカフェイン講座~薬学生に翼を授ける?~

【開催日時】
2018年2月23日(金)13:00~16:00

【開催場所】
京都オフィス

【参加人数】
15人

【開催目的】
エナジードリンクに代表されるカフェインを含んだ飲料は、若者に大人気の成長市場でもあります。カフェインが安易に手に入る環境の中、その危険性を知らずに依存し、睡眠障害に陥ってしまい体調を崩す若者が増えています。カフェインの大量摂取をどうしたら防げるのか、どのように睡眠を確保するかを考えました。

【企画内容】
まず、アイスブレイクでグループ内の空気をやわらげた後、こちらから睡眠障害、カフェインの知識、カフェインに関係した事故、睡眠の質について参加者に伝えました。
そのあと、薬学生が特に睡眠をおろそかにしがちな試験期間に、どのようにすれば良質な睡眠が取れるのかなどをゲーム感覚でグループで話し合いました。

【当日スケジュール】
13:00 アイスブレイク
13:20 今回のイベントの目的、基礎知識の共有
13:30 クイズを使った勉強会
15:00 ワークショップ
~16:00 記念撮影

【感想】
今回、若い世代である私たちが特に軽視しがちな「睡眠」というテーマで健康について考えました。日本薬学生連盟でもはじめて扱ったテーマでしたが、実際、学生に話をきいてみると日常的に睡眠時間を削ったり、カフェインを常用していたりと、想像よりも学生が睡眠を通した健康被害を感じていないと感じる場面がありました。
そんな中で、睡眠を減らすことによる具体的な健康へのリスクや、睡眠を取る際の注意点、ポイントを共有し、またそれをゲーム感覚でアウトプットすることにより、参加者に対して睡眠が改善される啓発に繋がったのではないかと感じております。
今回のイベントを踏まえて今後は、学生生活がはじまる新歓などの大きなイベントで行ったり、今回考えた内容をSNSで発信するなどの啓発につなげたいと思いました。

公衆衛生委員会 委員長 姫路獨協大学 4年 長崎真珠


Vampire Campaign@東海

【開催日時】
2017年11月26日  10時00分〜16時00分

【開催場所】
ポートメッセなごや

【参加人数】
スタッフ1人 参加者7人

【開催目的】
若年層への呼びかけを中心に献血者数を増やす。
献血への理解を広め、協力を仰ぐ。

【企画内容】
献血の呼びかけ。

【当日スケジュール】
10:00 集合
10:30 呼び込み開始
16:00 終了
16:30 完全撤収

【感想】
初めて献血推進活動に参加しましたが、今回の体験を通して献血の仕組みや集められた血液の使い道など活動に対する理解がかなり深められたと思います。日常生活の中では献血について学ぶ機会はあまりなく、輸血というと病気や怪我というイメージ強かったのですが献血で集められた約8割の血液が白血病や癌の患者さんに使われること、有効期限が短いため定期的な供給が必要なことなどを知って驚きました。近年若い世代の献血離れが問題になっていますが今回の呼びかけの中では献血に興味を持ってくれた人が多く見受けられたように感じました。ですので今回の、同じ世代からの献血を呼びかけることで若い世代にも献血に関心を持ってもらおうという目的は十分達成できたのではないかと思っています。自分自身で献血ができる回数は限られていますが、献血推進活動に参加することで多くの人に献血に関心を持ってもらい献血を必要としている患者さんの助けになればと思いました。

金城学院大学 1年 山本律子

社会的に献血の必要性を説いた人がいました。その方はメディアを通じて発信し続けました。しかし、その手段の一つであるラジオ番組が2017年をもって終了となることになりました。最後のラジオでは「このラジオを通じて人が好きになれました。」とおっしゃっていました。実はその方は末期がんで大切な人を亡くしていて、亡くしたその日もそのラジオの収録に行ったそうです。献血は匿名の命のバトンであり、このバトンを受け継いだ人はその分だけ大切の人と一緒に生きていくことができます。匿名が社会の象徴であり自分の知らないところで誰かと繋がっていると私は思います。

私たちは献血推進活動を通じて自身の血液が見知らぬ誰かのために使われていて、それがどれだけの意味があるかを知る機会になればよいと思っています。

公衆衛生委員会 鈴鹿医療科学大学 2年 近藤康広


vampire campaign@関西

【開催日時】
2017年11 月18 日     10時30分〜16時30分

【開催場所】
大阪森ノ宮血液センター、JR京橋ー京阪京橋連絡通路

【参加人数】
6人

【開催目的】
①【提供側(自分達)の目標】 自分たちの献血、骨髄バンクの知識を深めると共に、公衆衛生委員会の活動を活発にする。
②【参加者に提供する価値】公衆衛生委員会の活動内容を知ってもらう。献血呼び掛けボランティアに参加してもらい、骨髄バンクについても知ってもらう

【企画内容】
午前中、大阪森ノ宮血液センターにて勉強会と血液センターの見学を行い、午後にJR京橋ー京阪京橋連絡通路にて献血推進運動を実施しました。ちっちちゃんの着ぐるみを着たり、ライン風のチラシを挿入したティッシュを二時間で1000個、街頭配布しました。骨髄バンクドナー登録は献血受付者全員にスタッフが作成した一枚もの資料を渡しました。スタッフが作成した資料は骨髄バンクドナー登録について導入程度のものであるため、実際にドナー登録を希望する方には関西骨髄バンク推進協会の方に詳しい説明を行っていただきました。

【当日スケジュール】
10:30~12:00 勉強会
12:00~14:00  昼食、移動
14:00~16:30 献血推進運動

【感想】
本キャンペーンは、本来血を吸う側のvampireが「献血してほしい」と呼びかけたら面白い!という考えから行っているイベントです。なぜハロウィンが終わってからvampireの仮装をしてやるのか。それは寒くなってくると献血者数が格段に減ってしまうからです。輸血を必要としているのは、その8割ががんや白血病などの病気と闘っている患者さんたち。冬だからと需要は減りません。また、若年層の献血者は近年減少傾向にあります。年齢の近い薬学生が呼びかけを行うことで多くの人に興味を持ってもらうことも願っています。

本年度は新たに骨髄バンクドナー登録会も同時開催しました。
骨髄バンクのこと、少しだけお話しさせてください。

赤血球に血液型があるように、白血球にも「HLA型」という型があります。このHLA型の発見から白血球や再生不良性貧血などの病気には、骨髄移植・末梢血幹細胞移植という治療法が確立されてきました。この治療法の成功率はHLA型の適合度が高いほど良いと言われています。HLA型は兄弟姉妹間では4分の1の確率で一致しますが、非血縁者間では数百から数万分の1の確率でしか一致しません。国内で骨髄バンクに登録している患者さんの内、実際に移植を受けることができる方は6割程度です。ドナー登録は2mlの採血から、献血の検査採血と同時にできます。

イベント当日は午前中に勉強会、午後から街頭でティッシュを配ったり、ちっちちゃんと呼びかけを行いました。勉強会では普段立ち入る機会のない、血液製剤が保管されている血液センター内も見学しました。二時間半の呼びかけによる献血の受付人数は31人、実際にできたのは28人でした。

骨髄バンクドナー登録会は、献血受付時にスタッフが作成したチラシを配布したことで、ブースを設置するだけよりも、より多くの人に関心を持ってもらえたようです。献血ルームでは月に2人以上登録者がいるとすごいと言われていますが、この日は9人の方が登録をしてくださいました。

来年度も同じ時期に実施予定ですので、興味のある方は是非参加してみてください。

公衆衛生委員会  神戸学院大学 2年 名前 横山夏季


世界糖尿病デー@関西

【開催日時】
2017年11月14日   18時00分〜19時30分

【開催場所】
京都タワー前交差点

【参加人数】
12人(スタッフ、来賓、参加者すべて含めて)

【開催目的】
このイベントは毎年恒例のイベントとして企画していく。また、ブルーサークルをつくり撮影した写真をSNSに上げて世界糖尿病デーの認知を向上させる。
世界糖尿病デーに合わせて地域の方々に対して糖尿病の啓発活動を行うことで糖尿病の予防に貢献する。

【企画内容】
パワーポイントを用いた勉強会。
地域の人にチラシや青い風船を配り、糖尿病を啓発する。
イルミネーションの前でブルーサークルをつくり写真を撮ってSNSにあげる。

【当日スケジュール】
18:00                   集合
18:00~18:00     パワーポイントを用いたクイズや勉強
18:10~19:00    京都タワー前交差点でビラや青い風船を配り、糖尿      病を啓発
19:10~19:30    ブルーサークルをつくりイルミネーションの前で写真撮影
19:30                  解散

【感想】
今回関西では、参加者と紙芝居形式で糖尿病についての知識の共有を行った後に、京都タワー前交差点にて地域の方にビラやメッセージを書いた青い風船を配り糖尿病の啓発を行ったり、世界糖尿病デーを知ってもらうために参加者でブルーサークルを作って写真をSNSにあげたりしました。一番始めに行った紙芝居形式の勉強では参加者と一緒にクイズ出したりしながら糖尿病についての知識を深めることができました。次に、糖尿病のビラ配りでは、初めはビラ配りをしたことがない学生が多くなかなか、ビラを配るのに苦戦していましたが、慣れてくると、京都タワー前交差点という人通りの多い場所でしたことと、ビラに興味を持ってくださる人が多くいたため、たくさんの人にビラを配ることができました。ただ、やはり、糖尿病はまだまだ自分には関係ないと思う若い人が多くいることを感じました。また、京都駅の近くということもあり、海外の方が多く往き来してるにも関わらず英語のビラを用意出来ていなかったので少し残念に思いました。この失敗は次に生かしたいと思うとともに、もっと英語を勉強しないといけないという発見にもなりました。最後に、ブルーサークルを作りSNSに投稿することに関しては、当初の計画では青くライトアップされた京都タワーの前でブルーサークルを作って写真を撮影する予定でしたが、京都タワーが当日青くならず、出鼻を挫かれそうになりましたが、参加者がたくさん来てくれたこともあり、素敵な写真をSNSに投稿出来ので良かったです。このイベントを通して参加者や地域の方が少しでも糖尿病について感心を持ってもらえたら嬉しく思います。

公衆衛生委員会(大阪薬科大学 2年生) 大林隼一

 


世界糖尿病デー@東海

【開催日時】
2017年11月12日  11時00分〜15時30分

【開催場所】
大須商店街 招き猫広場

【参加人数】
スタッフ1人 参加者7人

【開催目的】
学生は糖尿病に関する地域を深め、活動を通じて地域参画の意義や自身の健康について考える。
地域の方々は11月14日が世界糖尿病デーであることを認知し、糖尿病・糖尿病患者に関する理解や自身の健康意識の向上に繋げる。

【企画内容】
啓発活動の前に1年生向けに糖尿病に関する知識の共有を行った。
「11月14日 世界糖尿病デー」などと書かれた青色の風船を無料配布した。

【当日スケジュール】
11:00 集合、勉強会
12:30 移動、啓発開始
15:30 完全撤収

【感想】
今回、初めてイベントに参加して自分自身も糖尿病について深く知りたいと思えるきっかけになりましたし、街の人にも糖尿病について少しは興味を持ってもらえたと思いました。Ⅰ型糖尿病はインスリンを産生する膵臓のランゲルハンス島のβ細胞が破壊される自己免疫疾患なのに対し、Ⅱ型糖尿病は長年の生活習慣の乱れによって引き起こされる場合が多く、瘦せている人には少ないと思われがちですが、実際は過度のストレスなどによってインスリンの働きを低下させてしまうこともあります。私たちの中にもある身近な思い込みをそのまま鵜呑みにする前にきちんと調べることが大事だと考えさせられました。また、イベントで街の人に糖尿病デーの風船を配っていた時に子供連れの親子はもらってくれましたが、それ以外の方はなかなか声をかけても受け取ってもらえなかったので、もし次にイベントに参加するときは今回の経験をいかしてどうしたらこちらに興味をもってもらえるかをもう少し自分なりに考えて声かけを行なっていきたいと思います。

金城学院大学 1年 山本有紗

11月14日は世界糖尿病デーです。世界糖尿病デーは国連総会によって制定されました。世界各国は糖尿病を脅威に感じ、問題解決に全力で取り組んでいます。この日を制定した方たちはきっと糖尿病によって亡くなる方の命が少しでも減ることを祈ったに違いありません。糖尿病は本人の少しの意識の変化によって予防できるものです。そのきっかけ作りのためにブルーサークルが全国に広がりブルーのライトアップが全国でなされています。スローガンである「Unite for Diabetes(糖尿病との闘いのために団結せよ)」はまさに人とのつながりを表しています。継続は一人では難しいですが仲間となら続けていくことができます。日々の食事や運動・服薬、病気前後で生活が変わるかもしれません。しかし周りの理解が進めば苦ではありません。私たち学生の小さな一言が周囲に広がり、やがて大きな輪になればよいと考えてこの活動を今後も続けていきたいと思います。

鈴鹿医療科学大学 2年 近藤康広


薬育イベント@滋賀

【開催日時】
2017年11月4日  09時30分〜16時30分
2017年11月5日  09時00分~17時00分

【開催場所】
2017年11月4日  長浜市
2017年11月5日  田村市(石田三成祭にて)

【参加人数】
2017年11月4日  約20人(内、薬剤師2人、学生3人、子ども15人程)
2017年11月5日  約30人(内、薬剤師1人、学生2人、子ども20人程)

【開催目的】
学生の啓発イベントに対する意識をあげるため。
子どもたちに薬に対する認知をあげるため。

【企画内容】
紙芝居と、カラダスケール(天秤ゲーム)、クスリミックスの3つのコンテンツを実施しました。
紙芝居では、規則正しい生活が健康に繋がることや、薬についての知識を子供たちに身に付けてもらいました。
カラダスケールでは、薬は決められた時間に決められた量飲まないと、病気が治らなかったり、副作用が出て来てしまうということを、天秤を用いて片方には病気の模型を、もう片方には子供たちが薬の成分をカプセルに入れたものを置き、釣り合いが取れるかどうかをゲーム感覚で学んでもらいました。
クスリミックスでは紫キャベツエキスを用いて作った熊さんの頬っぺたの元の液をピンク色に変える薬のエキスと、逆に青色に変える薬のエキスを4つの液体から見つけて貰う体験を行い薬は体にいい影響を与えることもあるけど逆に副作用のような悪い影響を与えることもあることを学んでもらいました。また、薬は水で飲まないといけないということをを、オレンジジュースと水の中に重曹を入れて混ぜる実験で学んでもらいました。

【当日スケジュール】
2017年11 月4 日
10:00 長浜駅集合 打ち合わせ
12:00 会場設営 事前アンケート
12:30 薬育ブース
14:30 事後アンケート
14:45 クロージング
15:00 終了、片付け
15:30 振り返り
16:30 解散

【感想】
今回の発達障害児童を対象とした薬育教室では、紙芝居と、カラダスケール(天秤ゲーム)、クスリミックスの3つのコンテンツを実施しました。
紙芝居では、規則正しい生活が健康に繋がることや、薬についての知識を子供たちに身に付けてもらいました。
カラダスケールでは、薬は決められた時間に決められた量飲まないと、病気が治らなかったり、副作用が出て来てしまうということを、天秤を用いて片方には病気の模型を、もう片方には子供たちが薬の成分をカプセルに入れたものを置き、釣り合いが取れるかどうかをゲーム感覚で学んでもらいました。
クスリミックスでは紫キャベツエキスを用いて作った熊さんの頬っぺたの元の液をピンク色に変える薬のエキスと、逆に青色に変える薬のエキスを4つの液体から見つけて貰う体験を行いました。また、薬は水で飲まないといけないということをを、オレンジジュースと水の中に重曹を入れて混ぜる実験で学んでもらいました。

公衆衛生委員会 大阪薬科大学2年 大林隼一


Pharmacy Profession Awareness Campaign ~薬剤師認知向上+医薬品適正使用推進運動~

【開催日時】
2017年9月3日  9 時00分〜15時30分

【開催場所】
春日井市総合体育館

【参加人数】
スタッフ3人 参加者3人

【開催目的】
子供とその保護者に薬剤師の仕事や医薬品の適正使用について理解してもらう。
薬学生は薬剤師が地域に密着した職業であることを理解する。

【企画内容】
薬とウイルス、病原菌に関する説明や薬剤師の職業について紙芝居を用いて説明したあと、天秤ゲームを用いて視覚的に薬とウイルスの関係をゲーム感覚で学んでもらいます。
事前事後に薬や薬剤師に関するクイズ形式でアンケートを取ります。

【当日スケジュール】
9:00 集合
10:00 開始
15:00 終了
15:30 撤収

【感想】
今回のPPACは未就学児を対象に啓発活動を行いましました。子供の中には医師は知っているが薬剤師は知らないという子供が多く見受けられ、薬が苦手で飲みたくないという子供も多くいました。子供からしてみれば、薬が身体の中で何をしているのかは目には見えないので得たいの知れないものに違いありません。
私たちは子供たちにゲーム感覚で、その目に見えないものをどのように伝えるか苦労しました。言い方や言うべき内容の順序、また必要最低限の情報を吟味しそれぞれのスタッフが試行錯誤を行いながら活動を行いました。活動が後半になると各スタッフが各々分かりやすい表現を用いるなど余裕を見えました。
子供たちは私たちの話を熱心に聞いてくれました。子供たちは緊張した面持ちでしたがハイタッチをするほど仲を深める学生もいて子供にとってもまた、私たち学生にとって楽しい時間でした。学生からは子供たちとコミュニケーションがとれてやりがいを感じたという意見もありました。PPACのプログラム終了後は多くの子供が、薬のことは薬剤師に相談をするということや薬の適正使用について理解してくれました。また同時に、親御さんにも兄弟が飲み残した薬を飲ませないなどの啓発を行うことが出来ました。
今回の企画は薬や薬剤師について多くの方に知ってもらう良い機会になりました。来年はリピーターも多く参加されると予想されるので、より子供に分かりやすくワクワクするような斬新なものになるようにしていこうと考えております。

これから健康食品やサプリメントがより身近になり情報が錯綜する現代だからこそ、信頼のおける情報源に薬剤師がなることを求められると思います。地域の方にはもっと薬剤師を頼ってもよいということをわかってもらいたいです。そのためにも今回のような活動が広く日本全国に普及することを望むばかりです。

公衆衛生委員会 鈴鹿医療科学大学 2年 近藤康広