地域連携員会紹介
2016年度 地域連携委員会イベント報告
2015年度 地域連携委員会イベント報告
2012年度地域連携委員会イベント報告
2011年度地域連携委員会イベント報告

rrctopbanner2

PPAC研究会

開催日時
2016年10月16日   13:00 16:00 

開催場所
ちえりあ

参加人数
8人

目的
PPAC研究

スケジュール
13:00~13:10 オープニング
13:10~13:30 アイスブレイク
13:30~14:15 お薬教室、検体測定の説明
14:15~14:25 休憩
14:25~15:00 PPACについての説明、実演
15:00~15:50 WS
15:50~15:55 写真撮影、片づけ

感想
イベント開催にあたって、私は以前、電車の中で「薬剤師は患者さんに薬を渡すだけの楽な仕事、薬剤師など要らないのでは」という会話を耳にした事があります。
世間の薬剤師のイメージが”薬剤師はただ薬を渡す人”であることは否定できません。どのようにすれば薬剤師の職能をより多くの人に知ってもらえるのか。薬学生として出来ることはなんなのか。と以前から思っていたので、今回のPharm*H×APSjapan PPAC研究会は私にとって大変貴重な経験となりました。

PPAC(Pharmacy Profession Awareness Campaign )は、紙芝居や天秤を用いたゲームを通して、子供に薬剤師の職能について知ってもらおうという活動です。現在関西、関東、東海で行われています。

北海道では、薬剤師の職能について知ってもらう活動として、PPACに似た活動である「お薬教室」の他に「バイタルサイン体験活動」を行なっているということを学びました。
PPACと「お薬教室」が大きく異なる点は検体測定です。検体測定は、医療機関の血液検査を必要としないので、時間、医療費コストの削減
につながるという利点があります。又、薬剤師が検体測定を推進していく事によって患者さんの自己健康管理意識が向上するという利点もあります。「バイタルサイン体験活動」とは医療現場でのシュミレーショントレーニングに用いる人形(フィジコさん)を用いて心拍数や脈拍を測定するバイタルサイン体験学習を行う活動です。この活動は、薬剤師もバイタルサインを測れるようになったということを知ってもらえるキッカケ、在宅医療の推進、薬の副作用のモニタリングにもつながります。
現在、検体測定、バイタルサイン体験活動を積極的に行なって行くことの必要性を感じました。

今回のイベントでは、「薬剤師の職能を伝え方」というWSを行いました。
•薬の使用方法(吸入指導をiPhoneのアプリを用いて行う、なぜ錠剤は砕いてはいけないのか など)を薬剤師は積極的に行うべきである
•VRを用いて薬剤師がどのような仕事を行なっているのか知ってもらう
•学校薬剤師の役割について知ってもらう
•重症例などを提示して薬の副作用について知ってもらう
•門前薬局や病院の待ち時間を利用して子供へPPAC活動を行う
などの意見が出ました。これらはPPACではまだ行われていないので、今回のイベントを通して薬剤師の職能を伝えることの難しさ、重要性を改めて感じると共に、PPACだけではなくお薬教室などPharm*Hの皆さんが行なっている活動を取り入れ、より多くの人に薬剤師の職能を知ってもらう事によって世間の薬剤師のイメージは変わって行くのではないかな、と思いました。

地域連携委員会 役職 大阪薬科大学 2年 名前佐川 実唯


東海FREEM

開催日時
2016年10月16日 14:45 〜 15 :55

開催場所
株式会社マイナビ マイナビルーム
ミッドランドスクエア豊田毎日ビルディング11階

目的
① これまでイベントに参加するだけの私たち1年生でしたが、今回FREEMという企画を通して自らアクションを起こすことで新しい1歩を踏み出し、1年生がお互いの交流となる場を作り、1回生間のつながりを深める。

②大学の中という普段のフィールドの外にでれば日常の生活から学ぶことができない事が沢山あるということを改めて知ってもらい、日本薬学生連盟への興味を深めるきっかけとする。薬学生間で横へ広く繋がり新しい価値観に触れることで、モチベーションの維持となり、共に夢を語り合える仲間と出会う機会とする。

企画内容
1,PPTを用いてハロウィンの説明
人狼ゲームをハロウィン仕様にするので、まずハロウィンについて興味を持ってもらう
2,人狼ゲーム〜ハロウィンver. 〜
テーブルトークRPGです。大まかな流れは人狼ゲームと同じです。ただ、今回はハロウィンver.なので“おばけvs人間”とします。

スケジュール
14:45〜15:00
「PPTを用いてハロウィンの説明 」  
  ①ハロウィンとは、何か?
  ②ハロウィンかぼちゃの由来
  ③薬膳(かぼちゃについて)
15:00〜15:55
「人狼ゲーム〜ハロウィンver.〜」
  ①PPTでゲームの説明
  ②カードを配る→各自の役を決める
  ③ゲームStart!

感想
今回初めて企画者の1人として東海FREEMを活動させていただきました。企画の準備・当日の進行の難しさを痛感しました。また、改めて“言葉”の難しさも感じました。私たちの生活の中では、少人数の中で話すことが多いため相手の納得がいくまで説明することができます。しかし、今回は約30人の参加者全員に一方的にルール説明をしたため理解できなかった人や説明の取り違えが生じてしまいました。大勢を相手に誤解を生じさせず伝える話し方を学んでいく必要があると思いました。当日のスタッフの人数や作業効率を考慮に入れて企画するのはもちろん初めて参加する側からの視点を重視することも企画者として重要だと反省しました。至らない点は多々ありましたが、先輩方のサポートもあり無事やりきることができました。私にとってとても充実した時間となりました。一緒に企画をしてくれた仲間、サポートしてくださった先輩方に本当に感謝しています‼︎
FREEMという企画を行うことで、より多くの方に日本薬学生連盟を1年生という早い段階から知っていただくことができたと思われます。
また、企画をしていく中で、色んな価値観に触れ、新しい視座を得ることができました。普段の生活からは学ぶことができない多くのことを経験させていただき、この企画は私にとって、今後の大きな糧となりました。
これまで得ることのなかった刺激を受け、素敵な仲間と出会い、繋がることもできるFREEMをこれからもぜひ東海で企画してほしいと思いました。来年度の1年生にも同じ感動を味わっていただきたいです。そのためにも、今後も薬学生連盟を知ってもらう活動をしていきたいと思います。

愛知学院大学 1年 上田 梨奈