名称未設定

6/14は「世界献血者デー」です。

世界献血者デーは血液という「いのちを救う贈り物」をする献血者の皆さまに感謝し、血液製剤を必要とする病気やケガをした人たちのために献血が欠かせないことを知ってもらうための日です。ちなみに6月14日は、ABO式血液型の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞した科学者、カール・ラントシュタイナーの誕生日です。

今年のテーマは、“Blood connects us all(私たちをつなぐ愛の血液)”です。これは献血者に感謝するとともに献血者と受血者が血液を「分かち合い」、「つながっている」ということを表現しています。さらに、“Share life, give blood(献血で共に生きよう)”というスローガンを掲げ、献血は人々の思いやりの心や団結力を強くできるということに注目しています。

 血を必要としている人はたくさんいます。しかし献血者は減少している現状があります。もしあなたが愛をもって献血をしたら、どこかで知らない人が救われます。そのわずかな時間を、ちょっとした痛みを、血を必要としている人のために我慢して、愛を持って献血に行ってみませんか。

 この機会に是非「血液を必要としている患者さんのこと」「献血」について考えてみてください。


 

献血ポスター producted by 広報部

作者:原祐香
(日本大学3年)

作者:海野彩夏
(明治薬科大学2年)

作者:立石孝行
(星薬科大学3年)

作者:小池雄悟
(立命館大学4年)


 

公衆衛生委員会では献血推進キャンペーンを行っています。
興味がある方は是非ご参加ください。

お問い合わせ
publichealth@apsjapan.org