君(薬学生)たちはどう生きるか?~AIと未来の薬学社会を考える~


イベント詳細


開催目的】
薬学社会とAIの関連性を理解することにより今後の課題や問題点、将来の働き方を見つめ直すことが出来き、薬学生のモチベーションの維持また向上に寄与する
GDで思考力を養い、様々な意見を取り入れることで視野を広げることが可能である。それは薬学生の質を向上させることに繋がる

【開催日時】
2018年6月23日(土)

【開催場所】
仙台市中小企業活性化センター

【企画内容】
❑AIと薬学社会について考える
❑薬学社会に必要とされる人材について考える
❑企画を通して学んだこと(各自意見を述べる)

【タイムスケジュール】
13:00~会場予約時間、スタッフ会員集合①
13:30~スタッフ会員集合②、会場設定(予備時間)
14:10~会員及び非会員の会場受付開始
14:30~企画スタート
14:50~AIの現状、メリット・デメリットについて説明 資料配布(作成者;昆 英里佳)
15:10~GDテーマ①(AIが薬学社会にどのような影響を及ぼすか)
15:40~GDまとめ発表①
16:00~休憩
16:20~GDテーマ②(薬学社会で生き残るために必要な能力について考える)
16:50~まとめ発表②
16:20~今日の企画で学んだこと、気づいたこと発表(Output Time)
16:40~これからの目標、今後の課題を発見する(Pharmacy student of purpose)
17:00~企画終了
17:10~企画の反省、今後の企画課題や改善点を話し合う(Feed Back)
17:30~片付け
18:00~完全終了

【参加登録】
https://goo.gl/fqxPUE

【お問い合わせ】
東北支部長
tohoku.president@apsjapan.org