topbanner3

group
一般社団法人日本薬学生連盟(英語名称:The Association of Pharmaceutical Students’-Japan 英語略称:APS-Japan)とは、WHO(世界保健機関)やFIP(国際薬剤師連合)と正式にパートナーシップを結ぶIPSF(国際薬学生連盟)に日本で唯一正式加盟している、薬学生による薬学生のため団体です。1998年に発足した『薬学生の集い』より、2011年に団体名称を『日本薬学生連盟』に変更し、2013年4月には一般社団法人化致しました。

(一社)日本薬学生連盟は、「薬学の専門性及び発展性に寄与する活動を推進し、薬学生の医療に対する意識や能力の向上をはかることにより、日本及び国際社会に貢献すること」を目的としています。その目的達成のため、「薬学生に新しい価値を」「薬学生のプラットフォームを創る」というミッションを掲げて、学生のうちから世界の薬学生と交流し、病院・企業見学に行き将来への見聞を深め、献血推進活動・薬物乱用防止などの公衆衛生活動に取り組み、また、就職活動支援や、薬学部を目指す受験生の相談窓口となる活動を行うなど、幅広く全国各地で活動しています。

全国の薬学生との交流は勿論、他医療系学生との交流や社会人の方々との意見交換の場なども提供しています。

現在の会員は薬学部4年制・6年制、そして大学院生も含め幅広い学生が参加しており、北は北海道から南は九州まで、60を超える大学の薬学生が活動しており、会員数は950名を超えています。関東・東海・関西・九州の4地域に支部を持ち、17名の本部が運営に当たっています。

※(一社)日本薬学生連盟は、政治的、組織的、宗教的に中立の立場であり、特定の組織の庇護を一切受けません。

soshikizu
スクリーンショット 2016-02-21 11.52.42

soshikishokai
bu
会計部
病院、家計、政治などなど全ての経済活動に会計は不可欠。もちろん薬連の活動を行うためにもお金の管理は欠かせません!会計部では、活動の後押しとなるような使い方を一生懸命考えています。そして同時に、団体のお財布の紐をしっかり締める役割もあります。また、会計は国境を超えた共通のルールがあり、可能性は無限大ですね。ここは会計を学生の間に勉強できるお得な部門です。
treasurer@apsjapan.org

財務部
日本薬学生連盟の運営資金はどこから来ているのだろうか。実は、皆さんが無料でイベントに参加できたりするのは、多くの企業様の協力があってのこと。財務部では、日本薬学生連盟と仲良くしてくれる薬局、ドラッグストアと向き合って活動資金の調達を行います。実践を通じてビジネススキルや交渉術を学べる財務部で活動してみませんか?
fundraising@apsjapan.org

外務部
外務部は薬連の会員の活動を応援したいという思いで活動しています。イベントを企画する際に講師が必要な場合、外務が架け橋となって連絡を取り合うのがスムーズになるようにお手伝いします。具体的には、薬剤師会・学生団体・薬剤師の先生・大学教授・各施設などの非営利団体・社会人との連絡係を行います。
薬剤師、教授と個人的につながりを持ちたい!薬学生の活動を応援したい!施設見学したい!基本的なビジネスマナー・スキルを学びたい!といった思いのある人がいたらぜひ外務部へ来てください!
external@apsjapan.org

内務部
内務部は、文字通り「“内”に“務”める」部です。簡単に言うと、会員の皆さまと薬連を繋ぐお仕事をしていると思ってください。普段は会員・委員会登録手続き、薬連へのお問合せ対応、支部本部・加盟団体との連絡などなど、会員の皆様の「本部の窓」として活動しています!薬連で活動していて『これは誰に聞けばいいの?』『メーリス来ない…』『内務部入りたい!』などありましたら、お気軽にいつでもinternal@apsjapan.orgまでご連絡ください(^^)/
internal@apsjapan.org

広報部
イベントの情報をどう全国各地の会員のみなさままで届けるか(広報戦略)、どう魅せるか(デザイン)、どう切り取るか(カメラ、動画)、どう伝えるか(SNS、HP、フリーペーパー、記事)を考え、学びながら、自分のやりたいことを幅広く経験出来、極めます。会いたい人、知りたい業界のインタビューにも行けます。好奇心旺盛、マニアックな人、待ってます。
publications@apsjapan.org

国際渉外部
国際渉外部は、日本薬学生連盟における国際的な情報の窓口として活動しています。具体的には、毎年国際薬学生連盟の開催している世界会議とアジア薬学生太平洋シンポジウムの対応や、日本薬学生連盟の活動を海外へ発信するなど様々な活動を行っています。今後も、日本薬学生連盟における国際的な活動を活発に行えるように活動していきますのでよろしくお願い致します。
cp@apsjapan.org

iinnkai
交換留学委員会
交換留学委員会では、長期休みに世界各国から留学生を日本に招き、様々な企画を開催します。そのための準備期間、実に半年。交換留学スタッフとして、一緒に活動してみませんか?英語が苦手な人も、どなたでも大歓迎!普段の生活は忙しいけれど、長期休みだけならなー。薬学系の海外留学ってないのかな?そんな方にも、この委員会がおすすめ!もちろん「交換留学」ですから、海外にも行けちゃいます!今、世界の薬学生と関わろう!
詳しくはこちら

公衆衛生委員会
公衆衛生委員会では薬学生と地域住民を対象としてプロジェクトを行っています。健康への意識を高めることは大切ですが、患者の気持ちも大切に。啓発に限らず患者様の気持ちも考えられる場になれればと考えています。
詳しくはこちら

薬学教育委員会
「興味を見つける!」「興味を極める!」を活動方針として掲げ、薬学生自ら薬学や医療を幅広く学び、考えるような活動を行っています。活動を通して、将来現場で必要とされる問題発見能力や問題解決能力を養い、薬学生ひとり一人の成長を通して日本及び国際社会に貢献することを目的としています。ぜひあなたの興味・関心・想いを形にし、ともに薬学及び医療の未来を描いていきましょう!
詳しくはこちら

地域連携委員会
『つなげる、つながる。あなたと薬連(せかい)』
地域連携委員会では「日本中の薬学生、及び、医療系学生、団体とのネットワークをひろげ、つなぎ、発展と向上を目指す。」という活動理念のもと、〈いつ・どこで・なにが〉求められているのかを常に把握し、各地域や支部におけるプロジェクトの実行や新たなイベントの創造を通して、地域・支部の活性化、人材育成、会員同士の連携を担う委員会です。
詳しくはこちら

学術委員会
学術委員会とは、薬学生ならではの学術活動を行い、社会へ情報発信することを目的に活動しています。一年間の主な活動の流れは、学会発表を目標に、学術委員会メンバーと協力して、必要な知識を勉強し、研究に取り組みます。研究テーマは自由に考えることができます。本委員会でイベント企画を行わず、ひたすら学術委員会メンバー同士で研究し、地道に結果を求めます。「学術」「研究」に興味ある方は、ぜひご連絡ください。
詳しくはこちら

shibu
関東支部
大学を超えた関東の学生と交流したい人、新しいイベントを皆で作りたい人、とにかく楽しみたい人!ぜひ関東支部本部に遊びに来てください♪ 関東支部では交流会イベントを中心に関東皆の縦横の繋がりを広げるよう活動しています!!
直接集まってMTGすることを心がけ、雑談からイベントにしたり、気軽に遊びに行ったり、まず自分達が楽しむことを一番に活動しています!大学との両立ももちろん考え、無理せずゆるーく活動しています。
kanto.president@apsjapan.org

東海支部
日本薬学生連盟が設立された当初、東海地方ではまだ会員が少ない状況でした。しかし、3年ほど前から徐々に会員数も増え、東海でも薬連の活動を活性化させたいという思いから、2014年に正式に「東海支部」の発足となりました。
現在東海地域では、名古屋市立大学、名城大学、金城学院大学、鈴鹿医療大学、岐阜薬科大学など約65人の薬連会員が所属しており、鈴鹿医療大学の「薬学研究会」は加盟団体となっています。
tokai.president@apsjapan.org

関西支部
突然ですが「関西」に対してどのようなイメージをお持ちですか?まず、標準語で育った方にとっては関西弁を聞くととても新鮮ですよね。ただ私がなにより感じているのは関西人の底知れぬ大きなパワー!各委員会のイベントや各加盟団体の活動ひとつひとつが関西魂に基づき、全力で行われています。今年度はこれらの活動をさらに活発化させ、一人でも多くの人が自分の「価値」を見つけられるよう関西支部は精一杯動いていきます!
kansai.president@apsjapan.org

九州支部
九州支部は、毎年福岡を中心に九州の薬学生を集めたイベントを行っております。毎年恒例の新歓とSEPに加え、公衆衛生イベントや勉強会イベントにも力を入れていきます。九州をもっと盛り上げたい!という熱い思いをもった学生が集まっておりますので、ぜひ九州に遊びに来てください!お待ちしております♪
kyushu.president@apsjapan.org

kamei
kameidantai
北海道・東北
・Pharm*H(北海道薬科大学・北海道医療大学)
・薬学研究会(岩手医科大学)
関東
・BeI’s(城西大学)
・SNU(日本大学)
・Second Opinion(帝京平成大学)
・HARVEST(東京薬科大学)
・ADME(東京理科大学)
・yaqoo(東邦大学)
・µstream(明治薬科大学)
・医薬情報研究会(帝京大学)
・TcrossT(北里大学)
関西
・薬学研究会(大阪大谷大学)
・PARC(大阪薬科大学)
・Papavera(京都薬科大学)
・薬学研究会やくけんR(立命館大学)
・P-CUBE(神戸学院大学)
中国・四国
・薬学研究会’couture’(広島国際大学)

ippannkaiinn
・東京大学
・千葉大学
・国際医療福祉大学
・高崎健康福祉大学
・城西国際大学
・北里大学
・帝京大学
・星薬科大学
・横浜薬科大学
・富山大学
・名城大学
・京都大学
・近畿大学
・摂南大学
・神戸薬科大学
・同志社女子大学
・広島大学
・徳島大学

※(一社)日本薬学生連盟はインターカレッジ組織であり、参加者は各大学が加盟または会員になっているわけではなく、あくまで各大学の学生による団体もしくは個人として参加しています。

international
(一社)日本薬学生連盟は2003年に国際薬学生連盟(International Pharmaceutical Students` Federation; IPSF)に日本で唯一正加盟し、世界中の薬学生と共に活動を行っています。(一社)日本薬学生連盟は日本の薬学生の代表として世界の薬学と日本をつなぎ、また日本の薬学生の活動や状況を世界に伝え、薬学生の意識の向上に貢献しています。
IPSFは、世界84か国、35万人以上の薬学生が集まり、活躍する国際的薬学生組織です。1949年にロンドンで設立され、現在、本部はオランダのハーグにあります。IPSFは、各国の薬学生の国際協力を推し進め、薬学に対する意識を高めることを目的としています。活動としては、公衆衛生活動、エイズ認識活動、タバコ啓発活動、薬剤師職能向上活動、発展途上国の支援、交換留学プログラムなどを行っています。また、年に1回、世界会議(IPSF World Congress)を開催しています。
URL:http://ipsf.org/

国際薬学生連盟アジア太平洋地域支部(IPSF-Asia Pacific Regional Office ;IPSF-APRO)では、各国の薬学組織との地域レベルでの交流促進、IPSFの促進する薬学教育、公衆衛生プログラムの実行、薬剤師組織、その他の専門組織との協議に、その地域の薬学生代表としての参加などを行っています。その他にも毎年、国際薬学生連盟アジア太平洋薬学生シンポジウム(IPSF-Asia pacific pharmaceutical Symposium; IPSF-APPS)を開催しており、2004年8月、2013年8月には、主催国を日本として、東京周辺にて開催しました。
URL: http://apro.ipsf.org/

スクリーンショット 2016-02-21 11.50.25