吉本 愛梨
(慶應義塾大学 4年)

message

みなさんこんにちは。日本薬学生連盟2018年度会長の吉本愛梨です。

突然ですが、薬学部を目指したきっかけは何ですか?

私はあんなにも小さな薬が複雑なはずの人の体を一瞬で変えてしまうあの魔法に魅せられて、「薬をつくりたい!」と思ったのがきっかけでした。

医療に関わりたいから、化学が好きだから、薬剤師になりたいから…
この学部への進学を決めた理由はいろいろあることでしょう。

しかし、入学したみなさんが次に考えることになるのは、「どのような〇〇になりたいか」広く言えば「どんな生き方をしたいか」だと思います。
それを考える上でみなさんの知識は十分でしょうか。

薬剤師って何してるの?創薬ってどんな流れなの?医療費って薬剤師に関係するの?…
疑問はつきませんね。
急に不安にさせてしまったかもしれませんが、安心してください。もちろん私も分からないことだらけです。

では、薬学部を目指しだした”過去”と、
私たちが思い描く”未来”を繋ぐものは何でしょうか。

紛れもなく、それは”今”です。
考えないといけないこと、知りたいことが無限にある分、”今の出会い”や”今の学び”を大切にしてみてください。
“今”を大切に楽しむことはきっと知らず知らずのうちに自分の学びと興味の架け橋となってくれます。
この日本薬学生連盟には”今”に想いを馳せ、大切に目一杯楽しんでいる薬学生がたくさんいます。