名称未設定
北澤 裕矢
(東京薬科大学 3年)

message

「夢を持ちたい。」
そんな時、日本薬学生連盟を知り、活動を始めました。活動を始めて2年。
様々な人と出会い、私は夢を持つことができました。
それと同時に、ともに未来を描いていく仲間もできました。夢見つけようと幅広く挑戦している仲間。
夢に向かって一直線に進んでいる仲間。
のらりくらりと寄り道しながらも確実に進んでいる仲間。
そんな仲間と今、地域という枠を超えて繋がっています。この繋がりが未来まで続いて、化学反応を生み出し、
気づいたら社会を変える大きな生成物ができていく。

そんなことを想像します。
少し大げさかもしれませんが、日本薬学生連盟はその可能性を秘めていると私は思っています。

それぞれが夢を持ち列車に乗っていく。
途中下車する仲間がいるかもしれない。
行き先はそれぞれの未来。
降り立つ地は皆それぞれ。

でもレールは繋がっている。
地域や立場を超えて。

日本薬学生連盟は「薬学生のプラットホーム」です。

仲間になりませんか。

future

日本薬学生連盟は、前身団体から数えて18年目を迎え、全国4地域に支部を構え、多くの学生が活動を行える体制を整えてきました。今後も学生が主体的な活動を行える地域を増やしていくとともに、学生が固定概念にとらわれることなく、広い視野を持って多様な仲間とともに活動していくことで、「新しい価値」を追求していきます。

日本薬学生連盟の目的は、「日本および国際社会へ貢献すること」です。この団体で得た、「新しい価値」を追い求める経験、広い視野と夢、そして仲間、それら全てが私たちの明るい未来へつながると信じ、これからも多くの方々のご協力を得ながら活動を続けていきます。