phctopbanner2

公衆衛生委員会は、薬学生と地域の方々双方が健康に関する意識を高め、より健康な生活を実現するために、様々な活動を行い、日本および国際社会へ貢献することを目標としています。
大学で学んだ分野・内容に関して、臨床現場で活躍されている先生から生の声を聞き、学びを深めたり、学んだ知識を活かして社会人とは異なった角度から地域の方々へアプローチしたり、地域の方々とのふれあいから得られた意見や体験を普段の学びにフィードバックしたりというように、公衆衛生活動を通して、地域の方々への健康啓発はもちろん、薬学生の大学での学びと実際の現場での体験をつないでいます。
全国的組織のため、ある一地域で行った活動を日本全国の他地域の薬学生へ拡散し、国際薬学生連盟を通して、さらに全世界の薬学生へ日本にて行った活動を発信しています。実際に、他国が日本で行った公衆衛生活動を取り入れてくれたり、逆に世界で行った活動を日本で取り入れたりしており、一つ一つのある地域で行った活動が、結果的に日本全国だけでなく世界の公衆衛生活動に影響を与えることができます。
みなさんの「健康に関してアプローチしたい!」という気持ちを一緒に形にしていきませんか?

委員長あいさつ

長崎 真珠
(姫路獨協大学 4年)
2017年度公衆衛生委員長を務めます、長崎 真珠です。

公衆衛生委員会は自分たちの健康について考えることは勿論、それを地域に還元できるステキな委員会です。
ぜひ、薬学生の視点から地域の方と健康について考えてみませんか?

【連絡先】publichealth@apsjapan.org

hokoku
2016年度 公衆衛生委員会イベント報告
2015年度 公衆衛生委員会イベント報告
2014年度 公衆衛生委員会イベント報告
2013年度 公衆衛生委員会イベント報告
2012年度 公衆衛生委員会イベント報告
2011年度 公衆衛生委員会イベント報告