じんばぶえ
12月31日0:00
より、2016年度のIPSF(国際薬学生連盟)WC(世界会議)の申込が始まります!
参加

IPSFには世界各国に加盟団体があります、私たち日本薬学生連盟(APS‐Japan)もその加盟団体の一員です。
毎年IPSFに加盟している団体の薬学生が集いWC(世界会議)が行われます。
2016年度はジンバブエの首都ハラレにて行われます。

以下詳細

【日程】
2016年7月29日~8月8日

【場所】
ハラレ(ジンバブエ)

【参加費】
約55,000〜約68,000円 (※申し込み時期により値段が変動いたします。)
参加費には宿泊費、食事代が含まれます。航空機代は別途です。

【PST(WC後の観光ツアー)】
詳細は決まり次第掲載いたします。
※参加費は別途かかります。
※昨年度参考:長期コース:約70,000円(8日間)、短期コース:約30,000円 (3日間)
(長期コース、短期コースのように毎年種類があるとは限りません。)

【参加条件】
1 モチベーションレターの提出
2 参加後の日本薬学生連盟主催のイベントでの発表
3 年会・新歓へ可能な限りの参加
4 事前・事後ミーティングへの参加
※モチベーションレターについて
WCにむけて頑張りたいこと、目標などを書いていただきます。
詳細は申込フォームをご覧ください。

【申し込みの際のご注意】
・現地での事件/事故に巻き込まれた際、盗難/窃盗に遭った場合、一般社団法人 日本薬学生連盟では責任を負いません。
保険などに予め加入し、現地の現状を理解した上でご参加ください。
・現地または日本国内で違法と定められている薬物などの購入/使用などがある場合、日本薬学生連盟として適切な処置を取らせていただきます。

※一度ジンバブエについてご自分でご確認ください。
外務省ホームページ・ジンバブエ情報

・パスポートの有効期限が今回の参加にあたって支障がないかをご確認ください。

・キャンセル料について
3月31日までにキャンセルの場合:振り込んでいただいた料金の10%を引いた額を返金
4月30日~5月31日の間にキャンセルの場合:振り込んでいただいた料金の50%を引いた額を返金
6月1日~にキャンセルの場合:返金はありません。
※確実に返金が行われるとは限りませんのでご了承ください。

【注意事項】
※WCへの参加は日本薬学生連盟の会員のみとさせていただきますので、
非会員の方は参加が確定後会員手続きをしていただきます。
こちらより手続きを行ってください。
※お申し込みに関するご質問はCP運営局 WC担当 橋本 京平 (aps.irc.wc@gmail.com)
までお問い合わせください。

【参照】
62nd IPSF World Congress Zimbabwe 2016 ホームページ
62nd IPSF World Congress Zimbabwe 2016 ニュースレター

【お問い合わせ】
aps.irc.wc@gmail.com