献血推進運動Vampire campaign@東京

開催日時
2015年10月12日(月・祝)
2015年10月25日(日)

開催場所 新宿駅南口

参加人数
10/12 スタッフ5名 献血協力者 34名(献血申込者51名)
10/25 スタッフ6名 献血協力者 49名(献血申込者58名)

当日スケジュール
9:00~11:15 呼びかけ
11:15~12:30 休憩
12:30~16:00 呼びかけ

感想
今回の献血推進運動vampire campaignというイベントは、若年層の献血離れが叫ばれる中、同年代かつ医療系学生である薬学生がVampire Campaignを行うことにより、多くの人に献血に興味をもってもらいたいという願いを込めて行っています。
今回は人通りの多い新宿の駅前にて呼びかけを行わせていただきました。当日は晴れた両日とも晴天でお出掛けしている方が多く、呼びかけに対して興味を抱いて声をかけてくださる方も多くいらっしゃいました。また、輸血を経験された方、ご年配の方から感謝のお言葉や激励の言葉をいただくことができました。一方で献血に対して見返りを求める声や他人事のような声も耳にしました。
献血について学ぶ機会は殆ど無く、街中の方が協力しようと思わない理由としては重要性が理解出来ていないこと、自分と無縁の様に考えていること、注射が怖い等と様々な理由が考えられます。また、協力しようと思っていても体重等の基準を満たしていないことから断念される方がいらっしゃるのも事実です。
我々としては、学生だからこそ特に協力者が減少している若者の世代にアプローチすることが出来る、また薬学生だからこそ医療の知識も提供することが出来るのだと思っております。
今後も試行錯誤しながら呼びかけや情報発信をしていこうと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。
公衆衛生委員長 日本大学5年 細川希織

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です