世界禁煙デー~煙草について知ろう~

開催日時 2018年6 月2 日 13時 30分〜 16時 45分

開催場所 八事コミュニティセンター

参加人数 7人(スタッフ、来賓、参加者すべて含めて)

企画内容
アイスブレイクで打ち解けた後、プレゼンやポスター制作、ワークショップを通して喫煙の是非について考える。
ポスター制作は、テーマ”あったらいいなと思う禁煙グッズ”で、班で考え作成し発表。
ワークショップは、テーマ”2020年までに飲食店での全面禁煙を義務化すべきである”について賛成派反対派に分け討論。

タイムスケジュール
13:30~13:45 アイスブレイク
13:45~14:25 基礎知識の共有
14:25~15:00 ポスター制作『制作』
15:00~15:20 ポスター制作『発表』
15:20~15:30 休憩
15:30~16:30 ワークショップ
16:30~16:45 写真撮影

感想
・ 喫煙には当然ながら、良いこともあり、悪いこともある。それを頭に入れてワークショップなどを行ったことによって、色んな考えを持つ人がたくさんいる中で、私たち薬学生はそのような違う考えを持つ人々に対しても理解を持って接していかなければならないのだと学んだ。また、そのワークショップにおいて分煙の意見と全面禁煙の意見に分かれて討論をしたが、それによりいかに副流煙の問題が難しい問題であるか、分煙することがどれほど大変なことで簡単に解決できる問題ではないか、全面禁煙をするためにはどれほどの犠牲を伴うかなど、普段考えることのない視点からたばこについて考え、たばこに対しての新しい見方を手にすることが出来た。
・ 例年の禁煙イベントと違い、今回はワークショップメインのイベントとして開催した。参加者こそ少なかったものの、将来薬剤師として働くうえで重要になってくる学びがたくさんあった。毎年はいかずとも、2年に一回程度はこのようなワークショップメインの禁煙イベントを開催してもよいのではないかと感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です