世界糖尿病デー@関西

開催日時:2018年11月18日

開催場所:JR元町駅前広場

企画内容:JR元町駅周辺で地域の人にビラや風船を配布して糖尿病の予防を啓発する。
ポートタワーの前でブルーサークルを作る。

タイムスケジュール:
13時~14時 駅周辺で啓発
16時~   写真撮影

感想:

今回初めて糖尿病啓発活動に参加したが、最初どのように声を掛けながら渡せば良いのか戸惑った。しかし、ビラの裏面に記載されていた糖尿病チェックリストは通行人にも身近なものに感じたためか、裏面を見せながら配るのは有効だった。一方、ビラを配る年齢層に偏りが出てしまった。本来糖尿病は若い年齢から知っておくべき病気であるが、若年層はビラを貰ってくれる気配もなかった。ティッシュであればどんな世代の人も貰ってくれ広い世代に糖尿病啓発に繋がるのではないかと感じた。子供には風船が人気で、一緒にいる大人にビラを渡すことが多かった。また、日本薬学生連盟であることが分かるような腕章やたすきなどがあれば、一般の人に怪しまれないのかなと感じた。
啓発活動自体はとても楽しくできた。

公衆衛生委員会 立命館大学 1回生 原田紘行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です