2019年度 中四国新歓

開催日時:2019年5月1日(水) 13:30~17:00

開催場所:岡山市民会館

参加人数:12人(スタッフ、来賓、参加者すべて含めて)

タイムスケジュール
13:15~          受付開始
13:30~13:35 オープニング
13:35~13:50 アイスブレイク
13:50~14:00 団体紹介
14:00~15:00 質問タイム
15:00~15:10 休憩・会員登録
15:10~16:25 ワークショップ「薬剤師采配ゲーム」
16:25~17:00 写真撮影、終了

イベント内容

【オープニング】
開会挨拶から始まり、会長の挨拶を行いました。

【アイスブレイク】
全国共通企画としてトーキングオブジェクトを行いました。モノを投げて話すことで、普段話すことが苦手な人も、ゲームの一環にすることで積極的に楽しく自分の自己紹介ができ、盛り上がることができたと感じます。

【ワークショップ】
ワークショップでは、「薬剤師采配ゲーム」を行いました。日本の薬剤師数を爪楊枝を用いて表し、人口分布や年収を参照しながら、どうして薬剤師がこのように分布しているのか(都市部に多く、地方に少ない)、給料はどうしてこうなっているかを考えました。さらに、今後日本の薬剤師はどうなっていくべきか、どのように分布されるべきかを班で話し合い、各班の意見を発表し合いました。

【クロージング】
写真撮影を行い閉会挨拶にて、中四国新歓の幕をおろしました。

感想

「日本一アットホームな場所」
私は中四国地域で行われるイベントにそんな印象を持っています。

今年の中四国新歓も、まさにとてもアットホームな雰囲気で行うことができました。アイスブレイキングする前からそれぞれが打ち解け、参加者の方とも団体の話だけではなく、大学の話や、将来の話などを話すことができました。

ワークショップで行った「薬剤師采配ゲーム」は、今後の自分たちのことを考える一つの機会になりました。当たり前のように数値として公開されている給料や各都道府県ごとの薬剤師数。そこに対して「なぜそうなっているのか」という疑問を持つことで、自分自身が薬剤師として働くうえで求めることは何なのか、自分のすむ地域をよりよくしていくことができるのか。薬剤師を目指していくうえで目指すものを再発見できた気がしました。

今年度も中四国新歓を開催できたこと、スタッフとして携われたことを嬉しく思います。中四国地域で開催するにあたり、当日も日本各地から薬学生が集まり、準備にも多く携わってくれました。準備が思う用意進まなかったり、苦労したことも多くありましたが、無事中四国新歓を開催でき本当に良かったです。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。

地域連携員会 徳島文理大学3年 中村真悠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です