私と関東新歓

      私と関東新歓 はコメントを受け付けていません。

みなさん、こんにちは。2019年度広報統括理事を務めておりました、小倉由未佳です。

新型コロナウイルスの影響はみなさんの大学だけでなくアルバイトや友人との買い物、旅行などにも影響を及ぼしているかと思います。
新入生のみなさんはまだ大学に登校できていないどころか、同じクラスになる人たちの顔も分からない、という状況なのではないでしょうか。

ちょっとここで、私が大学に入学した頃のお話をさせてください。私は人見知りで新しい環境での友達作りは大の苦手でした。唯一、人とコミュニケーションをとれた場所はTwitter。ある日、Twitterのタイムラインに「2018年度関東新歓」と書かれたツイートが流れてきました。「日本薬学生連盟…?全国規模の団体なんだ…ここで友達つくってみようかな…」大学での友達づくりに少し遅れを感じていたこともあり、ひとりで参加登録して関東新歓に参加しました。これが日本薬学生連盟との出会いです。
「あれ…?クラスコンパで司会やってた2年生…?」「ん?学園祭実行委員の人…?」
関東新歓に参加していちばん驚いたことは、自分と同じ大学に通っている人の多さでした。ワークショップではグループ内での自己紹介を通して同じ大学の先輩だけでなく1年生とも出会うことができました。支部スタッフの助けもあり、他大生とも交流することができました。その後ご縁があり、関東支部と広報部で1年間活動し、2年目は広報統括理事としてさらに団体に深く関わるようになりました。気が付けば関東だけでなく、東北にも東海にも関西にも四国にも九州にも、友人ができていました。またAPPSやSEPを通して日本だけでなく、海外の薬学生とも繋がることができました。
日本薬学生連盟には本当に色んな人がいます。活動してきた2年間で出会った全国各地の薬学生に刺激を受け、今では「人見知りに見えない」と言われるようになりました。

2018年度関東新歓からはや2年、運営側として関わるのも2回目となりました。例年同様の開催はできませんが、今年はどんな1年生が来てくれるのかな、とワクワクしています。もちろん2年生以上も大歓迎です(2年生以降に入る人、意外と多いんですよ)。団体の部門や委員会についてだけではなく、大学生活についてでもなんでも聞きに来てください。お待ちしております!