イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

国際人道支援に関するオンライン講演会

6月 21 @ 4:00 午後 - 6:00 午後

国際人道支援に関するオンライン講演会

国際的な災害支援や難民支援に興味をお持ちの方!
最前線でご活躍の薬学部卒業生の方をお迎えし、オンライン講演会を開催いたします。
★災害支援・人道支援について詳しく知りたい!
★国際的に活躍している方のお話を聞きたい!
という方はぜひご参加ください。 
薬学部はもちろん、医療系学部や他学部の方も大歓迎です!
皆様のご参加をお待ちしております!
【日時】
2020年6月21日(日)16:00~18:00
【参加費】
会員、未入会共に無料
【開催方法】
zoomを使用してのオンライン開催
【お問い合わせ】
一般社団法人日本薬学生連盟 国際渉外部
cp@apsjapan.org

【講義概要】
「中東・アフリカ地域における紛争被害者、難民問題と地域医療保健活動」
・アフリカや中東における現状
・難民や国内避難民の現状
・医療保険や水衛生に関する問題
・赤十字による地域保健活動
 など についてご紹介いただきます。
【講師のご紹介】
講師:五十嵐 真希先生
(日本赤十字社中東地域代表部首席代表 兼 国際赤十字赤新月社連盟 中東北アフリカ地域緊急保健コーディネーター)
北里大学薬学部を卒業後、日本で製薬メーカー農薬部門での安全性研究に携わり、その後、大学病院、調剤薬局で保険薬剤師としての経験を積んだ。カウンセリング等の勉強のため、アメリカのニューヨーク市立ブルックリン大学大学院に留学し、地域保健と死生学の修士号を首席で修めた。赤十字との出会いは、大学院時代のアメリカ赤十字社でのインターンだった。その後、日本赤十字社、国際赤十字社のスタッフとして、東南アジア、東アフリカ、東北アフリカにおいて人道支援に携わってきている。
150 年以上の人道支援の歴史を持つ赤十字運動。今回は、その概論と赤十字・赤新月社の支援活動、アフリカの感染症問題、そして、10年目を迎えるシリア危機を中心に、中東諸国における難民や国内避難民の現状、医療保健や水衛生に関する問題などをご紹介いただきます。

【タイムスケジュール】
16:00-16:10 諸準備時間
16:10-16:20 団体説明
16:20-16:30 Opening(五十嵐先生ご紹介・聴講にあたっての諸注意)
16:30-17:30 ご講演
17:30-17:50 質疑応答
17:50-18:00 Closing(記念撮影・アンケート説明)

詳細

日付:
6月 21
時間:
4:00 午後 - 6:00 午後
イベントカテゴリー:
,