世界糖尿病デー@名古屋

開催日時 2015 年 11月 14日 15時 30分〜 21時 00分

開催場所 鶴舞公園、栄テレビ塔付近、名城公園、千種

参加人数 12人

当日スケジュール
15:30集合
15:30~16:00鶴舞公園
16:00~16:30栄テレビ塔付近
16:30~18:30名城公園にてビラ配り・ブルーサークルの作成
19:00~21:00 食事会

感想
今回、糖尿病についてより多くの人に知ってもらいたいと思い、ビラや風船を使って啓発活動を行いました。中年以降の方は11月14日が世界糖尿病デーであることを知っている人がいたりと、ビラを受けとって糖尿病に興味を示してくれる方が多いと感じました。ビラを配る際、若い人は糖尿病への関心が薄く、あまりビラを受け取ってくれないと感じましたが、このようなイベントを繰り返し行って若い人たちに糖尿病について知ってもらい自分の生活習慣への意識を高めてもらうことは糖尿病人口を減らすために大切だと思いました。2型糖尿病は過食、運動不足、肥満、ストレスなどの日頃の生活習慣、加齢といった要因が発生の原因とされています。日頃の生活を見直していくきっかけとして老若男女問わず、意識を高められる活動をこれからも行っていきたいと思いました。当日は雨天であったこともあり、通行している人が少なかったので、屋内で活動できるような企画も今後は考えたいと思いました。ブルーサークルを作る前に、世界糖尿病デーに設定されている11月14日がインスリンの発見者であるフレデリック・バンティングの誕生日であることから糖尿病デーに設定されたことをクイズ形式で確認し知識をつけました。また、ブルーサークル撮影後、薬膳料理を食べたことにより、参加者全員が日頃の食生活に対する意識を向上することができました。
公衆衛生委員会 名城大学 4年 岩田未来 内田美月 竹内佐織

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です