世界糖尿病デー@関東

開催日時 2015年11月14日13時~21時

開催場所
勉強会・講演会:DHC communication space
サンプリング:東京タワー

参加人数
勉強会・講演会:12名
サンプリング:18名

当日スケジュール
13:00~18:30
勉強会、講演会、WS
18:30
ブルーサークルで記念撮影
18:30~21:00
サンプリング(風船やビラの配布)

感想
今年度は世界糖尿病デーが休日だったこともあり、講師の方をお呼びして勉強会だけでなく現場の声を聴く機会を設けました。
糖尿病が何故このように注目されているのか、また糖尿病に限らず生活習慣を見直さないとどうなるのかについて分かり易くお話して頂く事が出来ました。また、予防医学の大切さや医薬品の起源等についてハーブやアロマ等を用いて説明して頂いたので非常に興味深かったです。
講演会の内容は少し低学年には難しかったかもしれませんが、学年問わず関心を抱きながらイベントを楽しめたと思います。
サンプリングについては雨で寒い中でしたが、観光客の方が多くいらっしゃったので積極的にビラや風船の配付を行いました。英語の堪能な学生は外国からの観光客にもアプローチしていました。ビラに興味を持っていただいた方とは会話を通じて生活習慣について見直す必要性について話している様子も見受けられました。
今後については英語版のビラが欲しいという意見を多く頂いたので、来年以降は日本国内のみならず英語で海外からいらっしゃった観光客にも積極的にアプローチ出来るようにしたいと思います。
他にも、食生活についてフォーカスしたイベント、生活習慣の一部をピックアップしたイベント等も行っていこうと思います。
公衆衛生委員長 日本大学5年 細川希織

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です