2018年度薬学生フェスティバル@関東

開催日時:2018年10 月21 日  13 時 00分〜  17時 00分

開催場所:東邦大学習志野キャンパス D館101・102教室

参加人数:54人

企画内容:

【オープニング】

会場使用の注意事項、薬フェステーマの説明を行いました。

【APS-Japan紹介】

スライドを用いて日本薬学生連盟について説明を行いました。

【上半期活動報告】

各委員会ごとに、上半期に行ったイベントの報告及び新委員会の紹介を行いました。

【アイスブレイク】

全国共通アイスブレイクとして、写真撮影ポーズを考えました。3つのお題から好きなお題を選択し、6~7人のグループで創造的なポーズを考えました。

【運動ワークショップ】

世界糖尿病デー、国際障がい者デー、世界認知症デーに関連のある動きを取り入れた運動会を行いました。各記念日のテーマカラーを使って競技を行い、優勝を目指してグループご対抗で競技に参加しました。

【Clinical Skill Event】

Professional Developmentという海外で進んでいる分野をアレンジし、薬学に関する問題と日本薬学生連盟に関する問題をクイズ大会形式で行いました。

【下半期活動紹介】

下半期の活動を、どんな人が向いているかを説明しながら紹介しました。

【クロージング】

アイスブレイク、運動ワークショップ、Clinical Skill Eventの表彰

【サブ企画】

2018年におこった災害の被災者に向けたビデオレター作製のため、応援メッセージを書いていただき、それを持って写真撮影を行いました。

当日スケジュール:

13:30~13:35 オープニング

13:35~13:40 日本薬学生連盟説明

13:40~13:50 上半期活動報告

13:50~14:10 アイスブレイク

14:10~14:25 休憩、会員登録

14:25~15:25 運動WS

15:25~15:40 休憩、会員登録

15:40~16:30 Clinical Skill Event

16:30~16:40 クロージング

16:40~17:00 退場

感想:

今回の薬フェスでは、楽しさと学びの両方が取り入れられていました。アイスブレイクでは芸術の秋として、写真撮影のポーズを考えました。話すだけでなく体を動かすことで、参加者同士の距離がすぐに縮まりました。運動ワークショップではその名の通り、運動の秋、運動会が開催されました。運動会の競技は世界糖尿病デー、世界認知症デー、国際障碍者デーに関連するものでした。チーム一丸となって一位を目指しながら、上記記念日に関する興味を持つきっかけになりました。Clinical Skill Eventでは勉強の秋としてクイズ大会を行いました。薬剤師の専門分野における問題や日本薬学生連盟に関する問題が出題され、薬学生としての勉強と日本薬学生連盟について学びました。

薬学生フェスティバルのテーマはArt~私たちが創りあげる~でした。COLORをテーマとした新入生歓迎会からおよそ半年が経過し、私たちは何を創ってきたでしょうか。Artには、個人のカラーを生かしっつ、みんなで協力して何かを創り出そう、という意味が込められています。下半期も個人が積極的に動きながら、団体としてもよりよい活動を創れるよう努めていきたいと思います。(明治薬科大学 2年・関東支部本部) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です