2018年度 関東冬SEP 医療制度プレゼン&HIV(わたし)がここにいる

【開催日時】2019年2月10日

【開催場所】Campus Plus 

【開催概要】

・アイスブレイク
1.お題を引いて自己紹介
2.だれが高く積めるかな(A4程度の紙を使い、どのチームが地面から高く積めるか)

・各国の医療制度についてのプレゼン

・公衆衛生委員会が年会のワークショップに使ったHIV/AIDSについてのワークショップ

【当日のスケジュール】

14:00- 受付開始
14:30ー アイスブレイク
15:00- 自分の国の医療体制などについてプレゼン
16:00- HIV/AIDSについてのワークショップ

【参加人数】17名

【感想】
 僕にとってこのワークショップはエネルギーを有したので、企画中は精神面的に落ち込んでいました。顔を合わしたりする機会がなく、パソコンやスマホの画面からのみの作業であったため、それが変に自分を追い込んでいたように思います。
 SEPの初日には、Welcome Partyがあり、その時にスタッフたちと顔を合わせた時、「あ、自分ももっとがんばらなきゃ」と前向きな気持ちになれました。おそらく、企画作りに限らず仲間と協力していくうえで、仲間と生で話すことがなにより重要なんだなと思いました。
 何かに追い込まれているときは、実際に仲間に会って話をしてみる。このSEPを通して何より学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です